お役立ちコラム

洗濯機の基本の使い方とは?洗濯表示の見方もおさらい!

最近では、主流となった全自動洗濯機。一人暮らしを始めたばかり、洗濯にあまり慣れていないという方は、なかなか使いこなせていないという方も多いのではないでしょうか。
ボタンを押してしまえば、洗濯から乾燥までを自動でしてくれますが、量や場合によっては、自身で設定が必要になります。洗濯の仕方を間違えると、大切な衣類を台無しにしてしまう可能性もあります。また、洗濯機の使い方はもちろんのこと、衣類によって扱い方が違う洗濯表示の通りに洗濯をすることもとても重要です。今回は、全自動洗濯機の利用手順から洗濯表示の見方までみていきましょう。

全自動洗濯機での普段着の洗い方


粉末洗剤投入ケース 柔軟剤投入ケース 液体洗剤 漂白剤投入口 

                                       ※洗濯機の機種によって表示が異なります。


普段着を洗う手順

①電源を入れ水栓を緩める

電源ボタンを押し、電源を入れます
水栓(蛇口)が閉まっている場合は緩めて水が出るようにしましょう。

②洗濯機に洗濯物を入れる

洗濯機の中に洗濯物を入れます。洗濯物を入れる目安は、洗濯槽の容量の7~8割を上限します。
この時に、衣類のポケットの中に、ティッシュやボールペンなどの小物が入っていないかを確認しましょう。ティッシュペーパーがあったとしても、洗濯機の構造上、洗濯機の裏にまで入り込んでしまうことはないようですが、洗濯槽内に散乱すると、次に洗濯をする際にまたティッシュが付くことになり、後処理が大変です。
また、ホックの付いた衣類は、脱水時にホック部分が痛んでしまいます。必ず、洗濯ネットに入れましょう。

実際に、なんとか洗濯物のティッシュペーパーは取ることが出来たとして、洗濯機の方は大丈夫なのでしょうか。実際には、構造上、洗濯機の裏の方にまで入り込んでしまうことはないようです。しかし、放置していることによって、洗濯のたびにティッシュがつくことになり、そのため、洗濯機の使い方として、しっかりとケアする必要があります。

③コースを選んでスタートボタンを押す

コースを選択して、スタートボタンを押します。普段着、肌着、タオルなどの日常の衣類を選択するときは、「標準コース」を選びます。汚れの程度や、使用時の目的に応じて、コースを選択しましょう。

④洗剤類を投入口に入れる

洗剤や柔軟剤を付属のキャップやスプーンで測り、洗剤の投入口に入れます。洗濯機の機種によって、投入口の位置は異なります。多くの場合は、洗剤とその他のものは投入口が異なる場合が多いかと思います。洗剤の容器に表示されている量の洗剤をきちんと量り入れましょう。また、粉末洗剤と液体洗剤では、投入口が違う場合が多いため、気を付けましょう。

柔軟剤とは?

柔軟剤は、汚れを落とす洗剤に、さらなる効果をもたらしてくれます。”柔軟剤”という言葉の通り、柔軟性分で、柔らかくふんわりとした仕上がりになります。素肌に使うタオルであったり、肌触りを良くしたい衣類にピッタリです。
また、最近の柔軟剤は、いい香りがするものが多く、防臭効果もあります。汗をかいたときや汚れた際も、臭いが付着してしまうのを防いでくれるので、食べ物やたばこのにおいにも効果的です。



漂白剤とは?

漂白剤は、化学反応によって、シミや汚れを分解することで、汚れを落ちやすくするものです。漂白剤に含まれる漂白成分が、汚れの成分を分解し、落ちやすい物質に変えます。
漂白剤は”塩素系”、”酸素系”に分かれます。塩素系の方が漂白力は高いですが、白い物にしか使用できません。ですので、普段の洗濯物には、色・柄物にも使用できる酸素系の方が適しています。


また、漂白剤には、漂白成分の他に、汚れを落としやすくする”洗浄成分”も含まれています。繊維の奥まで入りこんでしまい落ちにくくなった汚れを分解して、落ちやすくさせる効果があります。

⑤洗濯機の蓋を閉める

洗濯機の蓋を閉めます。蓋を閉めないと、洗濯が開始されない機種もあります。蓋を開けたまま開始される機種でも、脱水までいくと止まってしまいます。スタートボタンを押す前に、必ず蓋がきっちり閉まっているかを確認しましょう。

⑥洗濯が終了したら取り出して干す

洗濯が終わると、”ピーッ”と音が鳴ります。終わった後は、できるだけ早く洗濯物を取り出して干しましょう。洗濯槽の中に長く放置しておくと、シワになりやすいですし、嫌な臭いやカビが発生するなど、せっかくの洗濯物が台無しになってしまうこともあります。
干すときの重要ポイントとして、手でパンパンと叩いたり、形を整えて干すと、仕上がりが良くなります。

基本中の基本!洗濯表示の見方!

洗濯表示とは、その衣類の洗い方や、漂白の可否、干し方、アイロンのかけ方、ドライクリーニングなどについて絵を使って表現したものです。洗濯時に洗濯表示を確認して、その表示に従ってお手入れをすることで、その衣類の素材やデザインを傷めずに洗うことができます。
実は、こちらの記号は、2016年の12月より、世界共通で使用されているISO(国際規格)の記号と同じになりました。
そこで、今回は、新しくなった洗濯表示に伴い、どのように洗濯物を扱うべきなのかをまとめました。まずは、基本記号から見てみましょう。

<基本記号>


洗濯 漂白 乾燥 アイロン クリーニング 家庭での洗い方 汚れやシミを落とす漂白剤の種類 干し方(乾燥機の使用可能か) アイロンのかけ方 クリーニング方法

上記の表は左から順番に、洗濯、漂白、乾燥、アイロン、クリーニングと示しました。 ピンクの丸で囲んである記号が、それぞれの特徴を表しています。では、意味を見ていきましょう。


強さ

  ※線が増えるほど作用は弱くなります


温度

  ※点が増えるほど温度が高くなります。


洗濯処理不可 タンブル乾燥不可

  ※✖は、基本記号と合わせて”禁止”を表します。


数字以下の水温での洗濯がOK

  ※数字は、家庭洗濯での洗濯液の上限温度を表します。

詳しい洗濯表示の見方は、消費者庁ホームページより「新しい洗濯表示」をご覧ください。

洗い方の注意点


セーター トレーナー Yシャツ 表面プリントTシャツ 靴下 カーテン・毛布 ストッキング コットンパンツ 高級下着

定期的に洗濯槽の掃除が必要です!


洗濯槽 掃除

                    洗濯槽に溜まっていた洗剤カスやカビ汚れ


洗濯機は、新品でも、数か月経てば、洗濯槽に汚れが溜まり始めます。そこで、月に一度、少なくても2~3ヶ月に一度は、洗濯槽の掃除が必要です。

「なんだか洗濯機の中がカビ臭い」
「洗濯物に黒や茶色の小さいカスのような汚れが付く」
「きちんと洗っているのに洗濯物が臭う」

これらのお悩みは、洗濯機(洗濯槽)の汚れが原因かもしれません。
一見、洗濯機の中は綺麗に見えますが、洗濯槽には、衣類からの汚れや溶け残りの洗剤などのカスが、溜まっていってしまいます。そこで、2~3ヵ月に一度は、洗濯槽の掃除が必要です。3ヶ月経つ前に汚れが気になったら、掃除を行うといいでしょう。

洗濯槽の掃除についての記事は、洗濯槽の掃除と正しい使い方で洗濯物が臭わなくなる方法をご覧下さい。

まとめ

いかがでしたか?洗濯機の基本の使い方をおさらいしてきました。洗濯の基本をマスターすれば、日頃の洗濯がもっと便利で、トラブルが減り、いい仕上がりになるかもしれません。
洗濯表示の記号はたくさんあるので、覚えるのが大変と思ってしまいますが、今回ご紹介した、基本の表示と、不可記号・数字の組み合わせさえ覚えてしまえば、簡単にマスターできるでしょう。
洗濯は時間がかかるので、少し面倒に感じる時もあるかもしれませんが、運転を開始させてしまえば、その間に他のことをできますし、何よりも、時間がないときには短縮でき、乾燥までしてくれるので、とても便利ですよね。洗濯表示通りにきちんと洗濯を行い、綺麗に仕上がった洗濯物を見れば、手間も苦ではなくなるかもしれません。
正しく洗濯を行い、衣類を長く綺麗に使いましょう。
次回は、洗濯機の使い方の応用編をご紹介します。お楽しみに!