お役立ちコラム

ZEH住宅のメリット・デメリットとは?気になる補助金は?

電気を創る創エネ 賢く暮らす快適 賢く使う省エネ 電気を蓄える畜エネ

ZEH たくさん創る(太陽光発電) 少なく使う(高い断熱・機密性能・省エネ設備) 賢く使う(HEMS・蓄電池)

最近話題の、「ZEH(ゼッチ)」とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の名称の略です。ZEHの家は、お家の断熱性や、省エネ性能を上げ、太陽光発電システムや蓄電池など、お家自体がエネルギーを創ることで、年間の光熱費(空調・給湯・照明・換気)を最大限までゼロに近付けることができます。壁の断熱や、断熱性能の高い窓を導入することで、電気代などのエネルギー消費量を抑えたお家になります。夏場の暑い日でも、冬場の雪の日でも、お家の外の温度に影響されることなく、快適に過ごすことができます。また、ZEHのお家を建てる場合、一般的なお家よりも高いため、国から補助金を受けることができます。補助金の金額は、毎年違い、今後数年のうちに補助金制度がなくなる可能性もあります。
※平成30年度の補助金については、下記の項目よりご覧下さい。

ZEHの定義・評価方法

ZEHの「高断熱基準」を満たした上で、快適な空間を保ちながらエネルギーを上手に利用するためには、空調設備・換気設備・照明設備・給湯設備等の効率化が重要です。省エネ基準よりも20%以上の省エネをZEH基準として設定しております。


一般住宅 ZEH 高効率空調 高効率換気設備 高効率照明 高効率給湯設備

補助金について

2018年(平成30年)のZEHの補助金

2018年の今なら、ZEH住宅を建てる場合には、国から補助金が支給され、お得に建てることが可能です。

①ZEH交付条件を満たす住宅
 1戸あたり75万円(地域区分、建物規模によらず全国一律)
②蓄電システム
 蓄電システムの初期実効容量1kwhあたり4万円の補助金
 ただし、蓄電システムの補助額上限は、補助対象経費の1/3または40万円のいずれか低い金額
 つまり、今なら、最大100万円くらいまでなら、国から補助してもらえる

新築住宅だけでなく、既設住宅も補助金の対象になります。

補助対象

  1. 申請者が常時居住する住宅
  2. 専用住宅であること(店舗兼住宅でも住宅部分は申請可能)
  3. 既存戸建住宅の場合は、申請時に申請者自身が所有
  4. 新築戸建建売住宅は、申請者は建売住宅の購入予定者
  5. 賃貸住宅・集合住宅は対象外

公募期間

一次公募 平成30年5月28日(月)10時~平成30年6月29日(金)17時必着
二次公募 平成30年 7月17日(日) 10時 ~ 平成30年 8月10日(金) 17時必着 (予定)
三次公募 平成30年 8月23日(木) 10時 ~ 平成30年10月 5日(金) 17時必着 (予定)

補助金の支払いは3月になります。


補助金

これから建てる家をZEHにするメリット

ランニングコストを抑えられる

ZEHにするメリットとして、1番は、ランニングコストを抑えることができるということでしょう。最近では、家電量販店でも、販売価格と共に「ランニングコスト」についても表示されるようになりました。ランニングコストは、なるべく安い方が、ずっと使い続けていくには安心です。
エネルギー消費量が正味ゼロになるので、光熱費も正味ゼロになる可能性があります。
さらに、太陽光発電システムを設置した場合は、光熱費もかからず、さらに売電収入でプラスになることもあります。今後、何十年も生活をする上で、高熱費が浮くのは、大きなメリットです。

災害に強い

ZEHのメリットとして、”災害時に役立つ”ということが挙げられます。太陽光発電や蓄電システムを備え、エネルギーを創り出すことができるため、災害によって、万が一断線しても電気を使うことができます。太陽光発電で作った電気を蓄電池に溜めておけば、急な停電が起きたときも、瞬時に蓄電池から電気を供給することができます。
また、地震などで、長時間電気の供給がストップしてしまっても、蓄電池が稼働していれば、数日間は生活することができます。
地震によって停電になり、電気が一切使えないと、とても不便です。少しでも電気が残っていれば、携帯で連絡をし合ったり、暖をとったりと、できることの幅が広がります。災害は、いつ、どこで起こるかわからないからこそ、備えが大事となります。
大規模災害や異常気象が多い日本では、災害時に役立つというのは、ZEHの大きなメリットです。

断熱効果がある

ZEHを実現するためには、しっかりと断熱をすることが欠かせません。断熱がしっかりされていると、建物全体が一定の温度に保たれやすく、冷房・暖房代の節約にもつながります。高断熱仕様のZEHなら、部屋ごとの温度差を小さくすることができます。温度差を少なくすることで、冬場に起こることで話題の「ヒートショック」の予防にもつながります。夏は涼しく、冬は暖かく、1年中快適温度で過ごせることもZEHの大きなメリットです。
ヒートショックが原因での死亡者は、年間で約1万7000人います。これは、同年の交通事故死亡者の4倍近くの人数です。ヒートショックは、ご高齢の死亡者が多く報告されていますが、若い方でもヒートショックを引き起こす危険性があります。生涯、ずっと健康に長生きしていくためには、ZEHは必要不可欠といっても過言ではないでしょう。
昔の家の場合だと、熱が逃げてしまうため、部屋全体が暖まりにくかったですが、今後の家は、高い断熱効果で熱を逃がさず、部屋の隅々まで快適に過ごすことができます。
また、冬場はリビングから出ると寒くて震えることがあっても、今後は、廊下もトイレも脱衣所も暖かく、とても過ごしやすいでしょう。




○ヒートショックとは・・・
冬場などの寒い時期に、廊下と浴室での温度差により、血圧の急激な変化が起こり、最悪の場合、死を引き起こす症状

ヒートショックについての詳しい記事はこちらから
お風呂の暖房を設置してヒートショックを予防しましょう!

これから建てる家をZEHにするデメリット

イニシャルコストが高くなる

ZEHにする上でのデメリットとして、やはり、普通の家を建てるよりもお金がかかってしまうということです。
ZEHのメリットである、”断熱性”を高めたり、省エネに優れた設備、創エネ設備を導入すると、普通に家を建てるよりも、金額が上がってしまいます。金額に関しては、重要な点でもあると思いますので、デメリットとして気になるポイントかと思います。
ZEHにするためには、約200万~250万円ぐらいの費用が必要といわれています。また、家が大きくなれば床面積が広くなることになるので、さらに費用がかかる場合もあります。

発電量が定量ではない

太陽光発電システム設置において、”天気”は非常に重要なポイントです。雨や雪の日が多い年であれば発電量は下がり、売電収入も下がります。太陽光発電で、”創エネ”を行う場合、どれだけのエネルギーを創ることができるかは、天候次第なのです。
天候次第ですので、常に安定しているわけではないので、生活費の計算は難しいといえます。しかし、太陽光発電も年々性能が上がっているので、安心できる部分もあります。

窓などの開口の大きさが制限される

家に、光を多く取り込めるような大きな窓をつけたいと思っても、ZEHを目指すなら、住宅の中で、「断熱性能」や、「気密性能」を保ちにくいのは窓などの開口部です。ですので、窓が大きいと、熱が逃げてしまい、断熱効果が減ってしまう可能性もあります。また、吹抜けの部分を設けたくても、ZEHには不向きな設計となってしまいます。
そして、断熱について考えたときにもっとも重要なポイントとなるのが、窓やドアといった開口部分です。窓・天井・換気・外壁・床といった部分のうち、窓から出入りする熱量が全体の50~75%を占めているといったデータもあります。いくら壁や天井の断熱材に気をつかったところで、開口部が大きければ、そこから熱が出入りしてしまうというわけです。
しかし、ある程度の上限は存在するとしても、窓やドアを大きくできないという訳ではありません。そのためには、もともと、気密性に優れている住宅を建てている住宅メーカーを選ぶことが重要です。また、設計の上で、北向きの窓を無くしたり、開かない窓を作るなどの工夫も大切です。

まとめ

いかがでしたか?
ZEHは年間を通して通して使用する電力が限りなくゼロに近い家です。初期費用が高額になってしまうのは、デメリットではありますが、家を建てると、30年40年という長い視点で考える必要があります。
現在であれば、政府や自治体からの補助金制度も充実しているため、設備の導入費用の大部分は、補助金でカバーできるはずです。
そういった面で見ても、ZEH住宅は、メリットの方が多いと言えるでしょう。
ZEHの家は、私たちの毎日の生活にかかる費用を軽減してくれるのと同時に、環境にやさしい素敵なものです。