お役立ちコラム

冷蔵庫の中は場所によって温度が違う!食品が長持ちする置き場所とは?

冷蔵室 ドアポケット チルド室 製氷室 新鮮凍結ルーム 冷凍室 野菜室

「ちゃんと冷蔵庫に入れていたのに、食材が痛んでしまった・・・」という経験はないでしょうか?冷蔵庫自体が問題の場合もありますが、意外と多いのが、『冷蔵庫に入れる場所を間違えていた』ということです。食品によって冷蔵庫内での置き場所を決めていますか?スーパーで買い物をしてきて、冷蔵庫に入れる作業は、少々面倒なため、「とりあえず詰め込んでおこう!」となっていることはありませんか?すると、いつの間にか庫内がごちゃごちゃになり、空いているところに、新しい食品を入れるということも・・・。今回は、冷蔵庫内での食品毎のあるべき位置・場所を見直し、食材の鮮度を保つための秘訣をご紹介します。

<冷蔵庫内の各部屋の温度の目安>


冷蔵室 チルド室 製氷室 新鮮凍結ルーム 冷凍室 野菜室

冷蔵庫内の温度は、部屋によって温度が違います。温度の目安は上記の表の通りです。ご自宅の冷蔵庫は正しい温度設定になっているかを確認してみましょう。

それぞれの部屋の特徴・保存に向いているもの

冷蔵室

保存するもの:常備菜や調理済のおかずなど

「冷蔵室」は、冷蔵庫のメインであり、一番重要な場所ともいえます。空間が広く、どんなものでも入れることができるため、たくさんの食材を入れる方も多いかと思います。
冷蔵室は、日常的に使う食品の保存に適しています。また、同じ冷蔵室内でも、場所によって温度が違います。
一般的に、冷気は下に溜まりやすい性質があります。上段よりも下段の方が1~2℃温度が低くなっています。また、冷気の吹き出し口付近も、温度が低くなりやすい傾向にあります。なので、同じ冷蔵室内でも、腐りやすい食品は、吹き出し口に近い場所に保存しておくことをおすすめします。一方、冷えすぎを避けたいものは、上段手前に配置するといいでしょう。
冷蔵室の気温は、約3~5℃に設定されています。これは、夏野菜には寒すぎる環境です。野菜に、様々な低温障害が起こる可能性があります。野菜は野菜室に保存しましょう。
また、食品を詰め込みすぎると、冷却効率が落ちてしまいます。詰め込みすぎには注意しましょう。

チルド室(速鮮チルド室)

保存するもの:お肉、お魚、乳製品、発酵食品

冷蔵室の下の部分にある、透明の引き出し部分を、「チルド室」といいます。冷蔵室内の一部でもあるので、違いが分かりにくいですが、”温度”に違いがあります。
チルド室は、冷蔵室よりも温度が低く、冷凍室よりも高い温度に設定されています。
食品が凍る一歩手前の温度のため、冷蔵室よりも長期の保存に向いています。鮮度が落ちやすいけれど、凍らせられないものを保存するのに最適です。ただ、水分が多い食品は凍ってしまう可能性があるので、向きません。お刺身やお惣菜などの生ものを、入れておくのに丁度よいでしょう。スーパーで購入し、家に着くころには常温に戻ってしまった商品も、すぐに冷やすことができるため、新鮮なまま美味しさが保たれます。新鮮さをキープできることにより、普段よりも、美味しい料理が作れるかもしれません。また、食材を買い溜めしても、使い切りに焦ることなく使用できるので、安心です。お肉やお魚は色褪せることなく食べることができますが、しっかりラップやパッキングをすることが大切です。こちらの収納は、二段式になっているため、生鮮食品と加工食品、調理済み食品を分けて入れることができます。ですので、一週間の作り置きおかずも速鮮チルド室に入れて保管しておくといいでしょう。

製氷室

保存するもの:氷

給水タンクに水を注いでおくと、数時間後に冷蔵庫から、ガラガラという音がして、氷ができます。氷ができたかどうかは、製氷室のセンサーが判断します。
製氷室は、給水タンクのお手入れがとても大切です。特に、冬場の場合、氷を使う機会が少ないため、給水タンクには水が残った状態になります。そのため、週に一度は、水を入れ替えるのが良いそうです。また、製氷室の氷は、長い間保存しておくと、小さくなってしまいます。さらには、ホコリや汚れが付きやすくなります。飲料用として使う場合には、1週間を目安に、新しい氷を作った方が良いでしょう。
また、製氷室自体のお手入れも定期的に行いましょう。先延ばしにしていると、氷から嫌な臭いがしたり、カビが付着してしまうこともあります。新しい氷を作るタイミングで、お手入れを行いましょう。お手入れ方法としては、下記の通りです。

<製氷室のお手入れ方法>

  1. 冷蔵庫から給水タンクを取り外します。
  2. 蓋をとって、水道水で水洗いします。
  3. 蓋部分の浄水フィルターを回しながら、ツメを外して引き抜きます。
  4. 取り外した浄水フィルターは、水道水でやさしく水洗いします。
  5. 裏側のパッキングも取外して水洗いし、終わったら取付け直します。

自動製氷機を長時間使わないときは、製氷機能を停止する必要があります。

<製氷機能を停止する際>

  1. 給水タンクの水を捨てる
  2. 「製氷停止」にする
  3. 製氷皿や製氷ケース内の氷を捨てる
  4. 貯水ケース、アイスシャベル、給水タンク、製氷皿を水洗いし、水気をしっかりと拭き取り、元に戻します。

製氷機を再び使うときは、「製氷停止」を解除してください

新鮮凍結ルーム

保存するもの:冷凍させたいご飯やおかず

新鮮凍結ルームでは、ご飯やおかずなどの食品を新鮮で熱々のまま、凍らすことができます。凍らせる際は、ラップや、フリーザーバッグに包んでアルミプレートの上に置きます。新鮮凍結ルームの「新鮮凍結プレート」は、プレートそのものを低温にすることで、冷凍保存したい食品を急速に冷凍させることができます。業務用冷凍庫と同レベルの約3倍で凍結させることができます。
食品の熱をタテ方向に超急速で吸収して回りに熱を与えないので、横に置かれた食品への影響がほとんどなく、熱々の料理屋炊き立てごはんもすぐに入れることができます。
新鮮凍結ルームにて凍結後、食品を長期保存する場合は、冷凍室で保存する必要があります。

冷凍室

保存するもの:冷凍食品、アイス、お肉、魚など

冷蔵室、野菜室に並んでよく利用する場所なのが、「冷凍庫」です。冷凍庫は、食品を冷凍させる場所です。食品を冷凍させることで、食品の変質・劣化を止めることができるため、食品の長期保存に適しています。
冷凍庫には、お肉やお魚の他に、冷凍食品を入れるようにしましょう。また、冷凍庫は、冷蔵室とは違い、食品をたくさん詰め込んでもOKです。物が詰め込んであることで、蓄冷効果が起き、冷凍庫内全体がより冷えるようになります。また、ただやみくもに詰め込んであるのではなく、できるだけ丁寧に隙間なく食材を並べると、保冷力をキープすることができます。隙間なく詰め込む方法として、食材はなるべくなら立てて保存するのがおすすめです。冷凍可能なジッパーバッグに平らに広げて入れましょう。市販の冷凍食品もジッパーバッグに入れ、劣化を防ぎましょう。
保存をした後は、冷凍室にあるものをホワイトボードに書き出しておくといいでしょう。冷凍室を食材でいっぱいにすると、どうしても全体を見渡しにくくなってしまいます。
そこで、冷蔵庫の小さなマグネット式のホワイトボードを用意し、そこに、冷凍室にある中身を書き出しておく方法です。もちろん、冷凍室だけでなく、冷蔵庫のものを全て書き出すという方法もありますが、かなりの量になってしまいますので、パンパンに詰めた方がいい冷凍庫の中身の食材について書き出しておくことをおすすめします。

野菜室

保存するもの:野菜、果物など

野菜室は、野菜を収納するスペースです。
収納するスペースが大きく、奥行きもあるため、大きい野菜をたくさんストックしておくことができます。
野菜室の温度は、冷蔵室に比べ、少し高めに設定されています。それは、野菜を最適な状態で保存するためです。野菜の多くは、日の当たらない低温での保存が鮮度を保つために適しています。野菜は、生きて呼吸をしているため、日当たりのいい場所では活発になり、野菜を老化させる「エチレン」が増えて鮮度が落ちていきます。そのため、日が当たらず、低温に保てる野菜室は、野菜の保存に最も適しています。
野菜を乾燥させないためです。また、野菜室は、上段スペース、下段スペース、たてスペースに区分けされていますね。それぞれのスペースに、どんな野菜を保存するべきなのかを、下の表にまとめました。


野菜の種類 保存方法

意外!冷蔵庫の保存場所の間違い

冷蔵庫の扉の裏にあるドアポケット部分には、飲み物や調味料を置くことが多いかと思います。ドアポケットは、冷蔵庫の扉を開く度に揺れる場所であり、冷蔵室と比べて、温度変化が激しくなる場所でもあります。
ですので、ドアポケットには、そういった影響を受け易いものを置いてはいけません。ドアポケットに置いてはいけない食材として、炭酸飲料、卵、マヨネーズがあります。
ドアポケットに炭酸飲料を置いてしまうと、振動によって、炭酸が抜けてしまうことがあります。炭酸飲料は、ペットボトルの場合がほとんどかと思います。冷蔵室に置きましょう。

卵に関しては、ドアポケットに置く方が多いかと思います。ほとんどの冷蔵庫では、卵を入れるスペースがドアポケットについているので、そのまま置いてしまいます。しかし、卵は温度変化に弱いため、鮮度が落ちてしまい、味も落ちる要因となってしまいます。卵は、ドアポケットではなく、冷蔵室に入れるようにしましょう。

マヨネーズも、ドアポケットにピッタリ入る場所があるので、入れてしまいがちです。しかし、マヨネーズも、低温環境はあまり良くありません。何故なら、マヨネーズの原材料は、卵黄、油、酢だからです。低温の場所に置くと、分離しやすくなってしまいます。しかし、温度が低すぎてもなめらかな状態で使えないため、冷蔵室もあまりおすすめではありません。常温の場所に置いておくか、ドアポケットよりも温度の高い野菜室に保存するのがおすすめでしょう。

夏場に冷蔵庫が冷えない原因

夏場に冷蔵庫が冷えない原因はいくつかあります。ご自宅の冷蔵庫は大丈夫ですか?

吹き出し口の近くに食材をおいている

冷蔵庫内の奥には、冷気を発する冷風口があります。冷風口は、庫内を循環しているため、塞いでしまうと、冷気が回らなくなり、冷えにくくなります。温度が上がってしまった庫内を、温度を下げようとして余計に電気代がかかってしまうことにもなりかねます。
冷風口の周りは綺麗に、塞がないようにしておきましょう。

食材の詰め込みすぎ

食材を詰め込みすぎることで、冷気の循環ができなくなります。まとめ買いをした場合は、スペースがなくなってしまうこともありますが、うまく整頓して、食材と食材の間に適度なスペースを作ってあげるといいでしょう。

冷蔵庫の側面に色々貼り付けてる

冷蔵庫の側面にいろいろと貼り付ける方も多いかと思います。しかし、実は、冷蔵庫の側面は放熱スペースです。ですので、冷蔵庫の側面にものを貼ると、熱が庫内にこもってしまいます。
冷蔵庫を設置してもらうときは、左右のスペースを5㎜、壁がある場合は15㎜、天井のスペースを40㎜程度空ける必要があります。

環境の問題

周りの温度が高いのは注意が必要です。周囲の温度が高いと、内部が冷えにくくなります。夏場は、台所が暑くなりますので、エアコンを効かせたり、換気扇を使い、台所の温度を下げるといいでしょう。暑すぎてもダメですが、温度が10℃以下でも、冷蔵庫が正常に使えなくなる場合があります。

冷蔵庫に入れるべき食材・入れなくていい食材

<入れた方がいい食材>



肉類、牛乳、卵、チーズ、調味料、ジャム、ドレッシング、バター、野菜、果物

<入れなくてもよい食材>


ピーナッツバター、パン、バナナ、焼き菓子、油、リンゴ

<入れない方がいい食材>


ジャガイモ、トマト、はちみつ、玉ねぎ

「賞味期限」「消費期限」の違いとは?

〇賞味期限・・・美味しく食べられる期限で期限過ぎても食べられなくなるとは限らない
〇消費期限・・・安心して食べられる期限で期限内に消費する必要がある

賞味期限は、常温~冷蔵状態で、比較的長期間の保存ができる、缶詰、袋菓子、ソーセージなどの商品に付けられます。未開封の状態で、適切に保存した時に、「この期間までなら品質を保ち、美味しく食べられる」期限として設定されています。「賞味期限」は、過ぎても食べられないとは限りません。こういった内容が、農林水産省のページに記載されています。ですので、多少は賞味期限を過ぎても、食べられる可能性があります。
消費期限は、あまり保存ができない、お肉や、お魚、お弁当、生菓子、豆腐などの商品に付けられています。こちらは、商品によって差があります。目安としては、5日程度で食べ切る必要があります。”未開封”の状態で、適切に保存した場合に、「このぐらいなら品質を保ち安全に食べることができる」期限として設定されています。
食品の「味」を保証するのが賞味期限。食品の「安全」を保証するのが消費期限なのです。特に、「消費期限」の場合は、いくら冷蔵庫に入れていたとしても、期限を過ぎたものは安全の保証がありません。食べないようにするのが安全策です。

冷蔵庫のいろいろなお悩み

冷蔵庫からいろいろな臭いがする

プラスチックの臭いがする

冷蔵庫内にプラスチック部品を多く使用しているため、プラスチックの臭いがする場合があります。
購入直後~ご使用初めは臭いがする場合があります。しかし、十分に冷えていくうちに、臭いは徐々に少なくなります。

氷が臭う

氷が臭うという場合は、給水タンクや浄水フィルターが汚ている可能性があります。また、氷が古くなっていませんか?氷を作る際の、製氷機や給水タンクにもぬめりや水垢が付着していると、氷が臭う原因となります。週に一度は、給水タンクの水洗い、月に一度は、給水パイプの水洗い、タンク受けの水拭き、給水ポンプとフィルターを分解して水洗いをしましょう。

庫内がとにかく臭う

臭いが強い食品(魚、キムチ、たくあんなど)をそのまま収納していませんか?お皿に入れてラップをかけただけでは、臭いが漏れてしまうことがあります。そこで、密閉容器に入れることをおすすめします。また、肉や魚の下に、アルミホイルを敷いておくと、臭いがアルミホイルに染みつきます。アルミホイルを敷いて、密閉性の高い容器に入れることで、消臭効果があります。密閉しても臭いが気になる場合は、市販の冷蔵庫用脱臭剤を使用されることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?冷蔵庫は、食品を保管する場所なので、衛生面に気を付け、清潔を保つことが第一です。また、せっかく購入した食材を無駄にしないためにも、定位置が決まっていた方が、管理もしやすくなるでしょう。
定位置が決まることで、冷蔵庫の中の食材の出し入れもしやすく、冷蔵庫を開けている時間も短縮でき、電気代の削減にもつながるかと思います。ぜひ、実践してみましょう!