お役立ちコラム

4K8K衛生放送開始までまもなく!自身で準備するべきことは?

BS・110度CSの4K・8K放送 2018年12月より開始!

TVCMや家電量販店でよく見る「4K」と「8K」。4K・8Kとは、超高画質の映像のことです。いよいよ、2018年12月1日から、「新4K8K衛生放送」が始まります。4K8K放送を見るためには、色々なものを準備する必要があります。では、一体何を用意すべきなのでしょうか?

4K8Kとは?

4K・8Kとは、より高精細・高画質な映像を提供する新たな放送です。現在多くの方がご覧になられているフルハイビジョン(2K)と比べると、4Kはその4倍、8Kはその16倍の画素数です。画素数が増えるので、今人気の大画面でも、粗さが目立たず、より綺麗な画質でテレビ鑑賞を楽しむことができます。
「4K」「8K」の”K”は、1,000を表す用語です。それぞれ、4Kは「4,000」、8Kは「8,000」を指しています。「4,000」と、「8,000」は、水平(横)方向の画素数のことを表し、4Kなら横方向に3,840画素、8Kなら7,680画素含まれています。


約200万画素 約800万画素 約3300万画素

画面の近くで見るとこんなに違いがあります!

       ※画像はイメージです。


映像の美しさ

新4K8K衛生放送の映像は、2K放送よりも、解像度が高いため、大画面を近くで見ても、綺麗でよりリアルな映像を楽しむことができます。

リアルな映像

扱える情報量が増えるため、従来の映像では表現できなかった色域が表現できるようになり、より精密でリアルな映像を楽しむことができます。

感動的な映像

本来映像が持っている明るさやコントラストを表現する技術で、より映像の鮮やかさが格段に良くなり、肉眼で見る感覚に近い感動的な映像を楽しむことができます。

迫力あるサラウンド

新4K8K衛生放送では、臨場感を味わえる音声表現を実現しました。特に、8K放送には、22.2マルチチャンネルが採用され、まるでその場にいるかのような迫力を楽しむことができます。

4K・8Kの違い

4K・8Kは素晴らしい映像だということが分かりました。では、4K・8Kには一体どのような違いがあるのでしょうか?横方向が約4,000ピクセルのものを「4K」、横方向が約8,000ピクセルのものを「8K」と呼んでいます。ピクセル数が大きくなればなるほど、より鮮明な画像となります。8Kは、4Kの約4倍にあたる高画質の映像となります。
そして、「4K」と「8K」の違いは、解像度や画素数だけではなく、その色の鮮やかさや臨場感が異なることでも知られています。
その理由としては、毎秒表示可能なフレーム数とユニークなカラー技術が高いからです。
すなわち、8Kの場合、1秒あたり120枚にのぼるフレームの表示が可能となっています。
4Kと比べるとその数は約2倍となっていることから、映し出される被写体の動きのブレが従来よりも削減され、よりはっきりとした映像を実現できるようになっているのです。
さらに、4Kと同様に8Kにおいても、映像を実際の色に極力近づけるために、色域も明暗をはっきりと区別できるようになっています。

4K・8Kのメリット・デメリットと必要性

メリット

新4K8K放送は、テレビを見ることが好きな人に向いています。特に映画や、音楽ライブ、スポーツ中継などをよく見る人におすすめです。2020年には東京オリンピックが開催されますので、「臨場感を味わいたい!」という方は、新4K8K放送の導入をおすすめします。スポーツ中継は、まるで現地で観戦しているかのような美しく臨場感溢れる映像を楽しむことができます。
「東京オリンピックを目の前で見ているように味わいたい!」という方には、今のうちから、早めに新4K8K衛生放送の視聴準備をした方がいいでしょう。

デメリット

新4K8K衛生放送のデメリットとしては、今のままのテレビやアンテナでは見ることができないということでしょう。しかし、今までの通り、地デジやBS/CS放送は見ることができます。

放送開始時期について

124/128°CS放送(スカパー! プレミアムサービス)による4K実用放送は既に始まっています。BS・110℃の左旋円偏波による新4K8K実用放送開始予定は、2018年の12月1日より開始されます。試験放送も実施されていましたが、2018年の7月23日をもって終了しました。
このように、新4K8Kの実用放送が開始されますが、地上デジタル放送や、以前から見ていたBS放送は、今のまま引き続き視聴することができます。また、今の段階では、地デジやBSチャンネルは、4K・8化する予定はありません。
4K・8K放送は、今まで見ていたテレビのチャンネルに、新しく、4K・8Kで視聴できる専用チャンネルを追加するということになります。

4K8K衛生放送を見るためには?

4K8K放送は衛生より電波が送信されています。BSやCS放送に近い視聴方法です。
しかし、BSやCS放送とは周波数やチャンネルが違うため、4K8K放送を視聴するためには、専用のチューナーや、専用アンテナ、ブースター、分配器などの機器の交換も必要な場合があります。テレビを購入するだけでは、4K8K放送を視聴することができないのです。
2018年5月までに販売された「4Kテレビ」「4K対応テレビ」は、新4K8K衛生に対応したチューナーが内蔵されていないため、新4K・8K放送に対応したチューナーが必要です。

交換が必要な機器

  • アンテナ
  • 混合器
  • ブースター
  • 分配器
  • テレビ端子
  • 同軸ケーブル
  • 分波器
  • 直列ユニットまたは壁面端子

衛生アンテナ ブースター 分配器 同軸ケーブル 直列ユニット テレビ接続ケーブル 分波器 衛生アンテナ 4K8Kテレビ

※3224MHzに対応していない場合や電波が外部に漏れる場合はこれらの機器の交換が必要になります。

何故、今までの受信機器を交換する必要があるのかというと、BS・110度CS衛生による4K・8K放送は、とても高い周波数帯域を使用しており、今までお使いの受信機器では周波数が合わないため、新たに4K・8K放送に対応した機器が必要になります。

アンテナ選びでよく聞く右旋・左旋とは?

右旋・左旋とは、宇宙を飛んでいる衛生からの電波の回転方向のことです。
右旋は、右回り(時計回り)の円偏波を利用し、左旋は、左回り(反時計回り)の円偏波を利用してテレビ映像を届けています。
今回からは、右旋と左旋を両方使用することで、4K・8K放送となり、各段にデータ量が増えても、たくさんの番組を視聴することができます。

録画はできるの?

新4K・8K衛生放送は、録画することもできます。ただし、従来の地デジ等と同じように、デジタル放送では、不正コピー防止のためのコピー回数の制限が設けられる予定です。
また、新4K・8K衛星放送では、コピー制御のために使用されている従来からの「B-CASカード」は使用せず、新たに「新CAS(ACASチップ)」が採用されます。

※新CASチップとは、従来からのB-CASカードに代わるチップ方式の著作権保護機能(限定受信機能)システムです。
従来からのカード(よく見る赤いB-CASカード)ではなく、テレビやチューナーなどの受信機にチップが内蔵される形となります。改ざんが難しくなり、より一層セキュリティが強化されます。

4K8K導入のタイミングとは?


4K8Kテレビ 家中全ての部屋にも マンションでも アパートでも 

  • まずは一部屋で4K8K放送を楽しみたい
  • 家中の部屋全てを4K8K放送に切替えたい
  • 賃貸マンションやアパートで各入居者に4K8K放送に対応したい
  • 購入済のマンションで4K8K放送に対応したい

全て対応することができます!

最後に

いかがでしたか?
まもなく始まる新4K8K衛生放送。大画面で綺麗な映像が見れるということで、注目が集まっています。せっかくなら、2020年の東京オリンピックに間に合わせたいですよね。新4K8K衛生放送を視聴するためには、テレビや機器を導入する必要があります。しかし、一度導入してしまえば、今後は綺麗な画質でテレビ映像を楽しむことができます。また、テレビの買い替え時期に交換してしまえば、スムーズに、新4K8K衛生放送を開始するきっかけにもなります。映像が綺麗というだけで、普段の生活に、感動と驚きを与えてくれること間違いないでしょう。4K8Kのある生活を楽しみましょう!