お役立ちコラム

扇風機とサーキュレーターは何が違う?より効果的な使い方とは?

扇風機 サーキュレーター

サーキュレーターはその見た目が扇風機と似ていますが、扇風機と何か違いはあるのでしょうか。実は、目的と使い方が大きく違います。扇風機は、「身体に直接風を当てるもの」であり、サーキュレーターは、「空気の循環をさせるもの」です。その他にも何か違いはあるのでしょうか?今回は、この2つの違いについて探っていきます。

サーキュレーターと扇風機のそれぞれの特徴

サーキュレーターは、空気を循環させる役割があり、強い風をまっすぐに遠くに送ります。タイマーが搭載されている機種もありますが、機能自体は、扇風機よりも少ないということが特徴です。
一方、扇風機は、風を直接身体に当てるという役割があります。ご存知のとおり、扇風機の風に当たると、涼むことができます。機能としては、首振り機能や強弱機能、タイマー機能などが主に搭載されています。風が届く距離も、サーキューレーターのように遠くまでとはいかず、近距離向けです。

サーキュレーターのメリット・デメリット

サーキュレーターは、強い風量で、直進的に風を送ることができますので、部屋全体の空気を循環させることに向いています。夏場、エアコンを使用していて、リビングは冷えているけれど、キッチンは熱気がこもったままということはありませんか?夏場のキッチンは、悩みの一つでもありますよね。そういった場合に、サーキュレーターを使うことで、部屋全体の空気を循環させ、戸さえ開けておけば、キッチンも涼しくすることができます。今年の夏は特に猛暑でしたので、キッチンに立つのが苦痛になったという方もいるかと思います。また、リビングでずっとエアコンを使用していると、いつの間にか寒くなってしまうこともあります。そういった場合に、サーキュレーターを使用して、冷えすぎない空間を作ることもできるでしょう。
冬場は、部屋全体を暖かくすることができます。暖かい空気は天井に溜まっていることが多いため、サーキュレーターを使用して、部屋全体を暖めましょう。このように、夏も冬も、サーキュレーターを使用して部屋の空気を均等に循環させることができます。それこそが、サーキュレーターの最大のメリットです。デメリットとしては、「音がうるさい」ということでしょう。最近では、静かなサーキュレーターも登場してきてはいますが、扇風機と比較すると、音が気になる


冷気

暖気

扇風機のメリット・デメリット

扇風機は、「一家に一台」というイメージがあります。扇風機のメリットとして、エアコンの風で物足りないときや、お風呂上りに涼しい風で涼むことができるということでしょう。また、エアコンの風が苦手という方は、扇風機の冷たすぎない風で涼むこともできます。また、扇風機はエアコンよりも電気代が安いということもあり、節電にも優れています。本体価格も安いものが多いため、コスパがいいことでも人気があります。
一方、デメリットとしては、エアコンの風のように冷たい風が出ないということでしょう。今年のような猛暑になると、扇風機の風だけではなかなか追いつかない場合もあるでしょう。
また、扇風機は背が高いため、ぶつかると倒れてしまう可能性があるということです。ですので、小さなお子様のいるご家庭では注意された方がいいでしょう。

サーキュレーター・扇風機の電気代

気になる電気代ですが、サーキュレーター、扇風機共に、1時間あたりの使用で1円前後です。どちらもどの機種であってもほぼ同じくらいの電気代といったところでしょう。扇風機の機種や風量、電力会社の契約条件によっても異なるため、確定した数字はお出しできませんが、どちらも、1日中使用しても12円程度となるでしょう。
本体価格はというと、サーキュレーターも扇風機も、安いものから高価なものまでピンからキリですので、どういったものを選ぶかによっても、省エネ性も変わってくるかと思います。省エネを気にされる場合は、風量切替できるタイプを選択するといいと思います。

まとめ

いかがでしたか?
くつろいでいるときに涼む目的なのであれば、扇風機でも十分涼しく過ごすことができると思います。しかし、「部屋全体を涼しくしたい」「隣の部屋にもエアコンの風を届けたい」ということであれば、サーキュレーターがより役立ちます。現在では、サーキュレーター扇風機もオシャレなデザインのものが多く、部屋のインテリアとしても見栄えのいいものが販売されています。機能・見た目のどちらも見極め、ご自身に合ったものを選びましょう。