お役立ちコラム

掃除機を購入する際に知っておきたいこと!合ったものを選ぶには?

お掃除に欠かせないのが”掃除機”です。現在では、様々な形・種類が登場しています。みなさんは、どんな掃除機をお使いですか?種類が多いため、購入するときにも迷うことが多い家電でもあります。昔からある、コンセントから電源をとる「キャニスター型」、コードレスで片手で使える「スティック型」、勝手に掃除してくれる「ロボット掃除機」などの形の掃除機があります。また、形が異なるだけでなく、紙パック式やサイクロン式による違いなどがあります。それぞれのものに、どんな特徴があるのでしょうか?

キャニスタータイプの特徴

キャニスタータイプは、電源コード付きの掃除機です。紙パック式とサイクロン式があります。
キャニスタータイプは、重くて吸いづらいというイメージがありますが、最近のものでは、軽量のタイプもあり、強い吸引力のあるこちらのタイプは今でも根強い人気があります。
コンセントから電源をとるため、途中で充電が切れてしまうという事態はありません。


      掃除機(コード付き・キャニスター型)


一方、掃除する部屋を移動する度にコンセントの抜き差しをする必要があるので、その点は少し手間でもあります。また、掃除機自体のタンクの容量が大きいため、収納スペースをとる場合もあります。
キャニスタータイプには、紙パック式とサイクロン式があります。紙パック式は、吸いとったゴミをそのまま紙パックに溜め、紙パックごと捨ててしまうことができます。サイクロン式は、ごみを高速回転させ、ごみと空気を分離し、本体のダストケースに溜めていきます。紙パック式は、紙パックを購入する必要が出てくるため、ランニングコストがかかります。その分、ただ紙パックを捨てるだけなので、お手入れの必要はありません。
サイクロン式は、紙パックを購入する必要がないため、ランニングコストはかかりません。こまめに捨てることができます。しかし、ダストケースに付着したゴミなどを掃除する必要があります。

スティックタイプの特徴


スティック型の掃除機は、その名の通り、全体の形状が細長いスティック型になっている掃除機です。小回りが効くので、ゴミに気づいたら、すぐにサッと掃除することができます。コードがないので、階段の掃除も楽々することができます。また、置き場所をとらないため、アパートにお住まいの方や、収納場所に困っている方にもおすすめです。また、リビング等の掃除頻度が高い部屋のサブ用として、使い勝手が良い掃除機です。また、背が高いことも特徴なので、前かがみになって掃除機をかけなくて済みます。
気になるのは、スティックタイプの掃除機の吸引力です。以前までは、スティックタイプの掃除機は吸引力が欠けていると言われていましたが、最近では、高い吸引力のスティック型掃除機も続々登場しています。コンパクトさと吸引力の両方を兼ね備えている掃除機は、人気が高くなってきています。ゴミを溜める場所が、紙パック、ダストケースのどちらになっているのかは、製品によって異なります。

ロボット掃除機 

ロボット掃除機は、スイッチ1つで自動で掃除してくれる掃除機です。掃除をする時間がない人や、掃除が面倒な人から人気が高い掃除機です。ロボット掃除機には、たくさんのセンサーやカメラが備わっています。また、製品によって、備わっている機能が違い、自動で充電場所に戻る製品、タイマーを細かく設定できる製品などがあります。
ロボット掃除機を使うためには、床の上にもの


          ロボット型掃除機

が落ちていないことが前提です。また、コードが長く伸びている状態だと、絡まってしまいますので、部屋を綺麗に整えておく必要があります。また、段差が少なくワンフロアーの場合は、ロボット掃除機が向いているといえます。室内の段差が多いと、ロボット掃除機が乗り越えることができません。ロボット掃除機はどれも2cm程度の段差までしか乗り越えられません。どの部屋で使いたいのかを見直し、その部屋に段差はないのかを確認しておきましょう。

ハンディー型掃除機


ハンディー型掃除機は、コンパクトな手軽さが魅力です。メインではなく、サブクリーナーとして使うことは多い掃除機です。主には、テーブルの上の食べこぼしや、棚の上のホコリをとるなどの掃除に向いています。また、最近では、飲みこぼしや、窓の結露などの液体類を吸い込める機種も登場してきています。小さいお子様がいるご家庭で、人気が高く、隙間時間にお掃除することができるので便利です。一方、ハンディタイプは、吸引力やバッテリーの持ち時間が短いというデメリットもあります。また、ハンディークリーナーは、運転音が大きいという特徴もあります。運転音発生の要因となるのは、その構造上の問題です。小型で軽量のため、静音を重視した設計・製造が難しくなります。モーターやファンの音を抑えようとすると、今度は、吸引力がさらに低下してしまいます。そこで、ハンディクリーナーは運転音はしょうがないものなのです。運転音が静かなものを使用されたい場合は、一般的な掃除機を選ぶのがおすすめです。今後、ハンディタイプの掃除機を購入される場合は、メリット・デメリットを踏まえ、検討してみましょう。

※写真はPanasonicの電気掃除機(Panasonicホームページより引用)

コード付き掃除機とコードレス掃除機

掃除機の各形毎にコード付き・コードレスがあります。それぞれ、メリット・デメリットがあります。

コード付き掃除機

コード付き掃除機は、コンセントから直接電源コードをつないで使用します。充電の必要がないので、時間を気にすることなく、使用することができます。一方、コードがあるために、掃除機をかけている途中で制限が出て、コンセントの差し替えが必要なこと、コンセントが無い場所では使用できません。

コードレス掃除機

充電台などで本体を充電し、稼働させるタイプです。コードがないので、どこでも使用することができます。事前に充電が必要で、連続使用の時間が限られています。毎日のようにこまめに掃除をする場合、コードが邪魔にならないように、コードレスが便利でしょう。
また、コードレスは、便利は便利ですが、コードレス掃除機を選ぶ際に気を付けたいことがあります。一つ目は、「重さ」です。充電池が入っているため、結構な重さがある製品もあります。購入する際は、他のいろいろな掃除機と重さを比較してみることも大切です。
二つ目は、「充電時間」です。価格が安いものの中には、充電時間が長く、稼働時間が短い製品も、中にはあります。充電時間と稼働時間は、どのくらいの時間がかかるのかを確認しておきましょう。
三つ目は、「ノズルの種類」です。棚やドアの隙間といったような細い部分の掃除をしたい時に、使い勝手の悪さを感じてしまいます。ノズルの形もどんなタイプなのかを確認しておきましょう。

紙パック式掃除機とサイクロン式掃除機

紙パック式掃除機

紙パック式は、吸い取ったゴミが紙パックに集められます。紙パックにゴミが溜まってくると、吸引力が落ちてしまいます。しかし、紙パックを交換することで、吸引力が復活します。
紙パックにゴミが溜まったら捨てるだけなので、ゴミ捨ての時にほこりが舞い上がらず、ゴミを触れることもありません。紙パック交換の目安は、掃除の頻度にもよりますが、1~2ヵ月に1回程度でしょう。

サイクロン式掃除機

サイクロン式の場合、遠心力でゴミと空気を分離するので、フィルターの目詰まりが少なく、吸引力が落ちにくいという特徴があります。ゴミが直接容器に溜まるので、こまめにゴミを捨てる必要があります。しかし、紙パックを購入する必要がないので、ランニングコストがかかりません。しかし、”排気フィルター”というものが搭載されているため、定期的なお手入れが必要になります。
吸引力が落ちてしまっても、ゴミを捨てることで、吸引力が復活します。ゴミ捨て時に細かなほこりが舞うことがあります。

まとめ

いかがでしたか?様々なタイプがありましたが、一軒家で家族の人数が多く、部屋数が多いのであれば、長時間使えるコード有りのキャニスター型を、一人暮らしの方や家族の人数が少ないのであれば、コードレスでスティック型のタイプが向いているでしょう。
掃除機には、いろいろな形、種類がありますので、使い始めたところを想像してみて選びましょう。
また、掃除機だけに限らず、ご自宅にお持ちの掃除用品とも照らし合わせながら、どの機能を重視するのかを見極めてみましょう。