お役立ちコラム

除湿機を購入する際に知っておきたいことは?目的によっての選び方


梅雨時期や、衣類乾燥をする際に、湿気対策ができる除湿器。
機種や、使い方によって、除湿効果が変わります。そんな除湿器の効果的な選び方・使い方について詳しくみていきましょう。

除湿器の効果

除湿器は、部屋の湿気を取り除き、湿度を下げてくれる効果があります。湿気を取り除くことで、湿気の多い日も過ごしやすくなるというメリットがあります。湿度が下がると、体感温度が下がるため、夏でもエアコン代を節約することができます。また、夏だけでなく、冬は、窓などの結露を防止することができます。その他にも、部屋干しをされる場合にも、衣類を乾燥しやすくする効果があります。乾燥しすぎていてもウイルスや、喉、肌などに良くないですが、湿気がありすぎても、カビが発生しやすくなるため、部屋の湿度をコントロールするためにも除湿器は便利なアイテムです。

除湿器の機能

除湿器は、単に湿気を取り除いて湿度を下げるということだけでなく、便利な機能が搭載されているものもあります。

衣類乾燥

洗濯したばかりの衣類は、水気を含んでいます。天気が悪く、外で干せない日は、部屋やサンルームで干すこともあるでしょう。そんな時、除湿器があれば、生乾きの臭いを防止してくれる他、乾きムラをなくしてくれる効果もあります。

冷風

除湿機の中には、冷風機能を搭載しているものもあります。この冷風機能は、主に、衣類乾燥時に使用することが多いです。衣類の乾燥には、湿度を下げることも大事ですが、”風”が必要です。風があることで、乾燥を促進させる効果があり、素早く乾燥させることで、雑菌の繁殖も防ぐことができます。

空気清浄

最近では、除湿機に空気清浄機能が搭載されてあるモデルも人気です。除湿・除菌・脱臭・空気清浄などを一度に行うことができます。また、花粉やホコリを取り除き、タバコの臭いも防止できます。

カビブロック

こちらは、カビの繁殖を防ぐ、カビブロック機能のことです。カビの発生を完全に阻止できるわけではありませんが、ある程度カビを取り除いた後に使用することで、カビの繁殖を防ぐことができます。しかし、すでに発生しているカビを取り除くことはできないので、注意しましょう。

自動ストップ

”自動ストップ”は、衣類の乾き具合を判断して、自動で運転をストップさせる機能のことです。
この自動ストップ機能は、衣類の乾燥時に便利です。周囲の温度・湿度の変化を自動で判断してくれます。除湿器の切り忘れを防いでくれます。既に、衣類が乾燥されているのに、運転しっぱなしでは、もったいないですよね。タイマー機能とは別なので、乾燥された時間に合わせてくれるところが、とても便利です。

除湿機の種類

コンプレッサー式


コンプレッサー式

コンプレッサー式の除湿器は、エアコンの除湿機能と同じ方式で、部屋の空気を冷やし、湿気を水滴にして除去します。部屋の空気を冷やすので、部屋の温度自体が少し下がります。除湿器を通った空気の温度を下げることで、水滴が発生し、タンクに貯めて除湿します。コンプレッサーを備えているため、動作音がやや大きいという特徴もあります。
コンプレッサー式除湿器のメリットとして、夏場の使用に適しているという点があります。
梅雨の時期や、夏の湿気対策を行いたい場合は、コンプレッサー除湿機がおすすめです。
内部にヒーターが搭載されていないため、本体自体が熱を発生しにくいという特徴があります。
そのことから、室温を上昇させにくく、除湿運転時の消費電力も小さいため、電気代が割と安いという特徴があります。
コンプレッサー式除湿器のデメリットとして、稼働音が耳につきやすいという特徴があります。コンプレッサーを動作させる方式のため、内部の音が漏れ、騒音になってしまうのです。また、低温時には、処理能力が落ちてしまうこともデメリットです。
室温が低下することで、冷媒に熱が移動しにくくなってしまいます。そのことから、冬場の使用には適していません。

ゼオライト式(デシカント式)


ゼオライト式

ゼオライト式は、除湿器を通した風を、ゼオライトという水分吸着性のある乾燥材を使って、湿気をとるという方法です。ヒーターを利用して水を集めるので、電気をたくさん使うからです。
コンプレッサー式と比べると、2倍から3倍の消費電力になります。
ゼオライト式のメリットは、エアコンやコンプレッサー式のように、冬場の処理能力が落ちにくいことです。
さらに、吸湿剤を使用しているため、洗濯物の乾燥に向いています。雨が多い冬場や梅雨時期の部屋干しに向いている除湿器です。
ゼオライト式のデメリットとしては、内部でヒーターを利用していることから、本体から熱が発生しやすいということです。
仕組み上は1年を通して、除湿することが可能ですが、室温が上がってしまいますので、暑い夏場の時期の使用には向いていません。
ですので、温度が低い環境での使用に向いています。また、ヒーターを搭載しているため、消費電力が大きくなり、電気代もかかります。冬の結露対策など、寒い時期をメインに使用されたい場合は、こちらのゼオライト式(デシカント式)の除湿機がおすすめです。

ハイブリッド式


ハイブリッド式

ハイブリッド式は、コンプレッサー式とゼオライト式の特性の両方を併せ持っています。
ハイブリッド式のメリットとしては、使用する環境や温度は特に決まっていないことです。暑い時期も寒い時期も使用に向いているため、家に1台あると、1年を通して、部屋を快適に保つことができます。また、コンプレッサー式のデメリットである”騒音”、ゼオライト式のデメリットでもある”発熱”も解決することができます。
ハイブリッド式のデメリットとしては、本体の大きさが大きいことや、価格です。コンプレッサー式と、ゼオライト式の両方の仕組みを併せ持っているので、本体サイズが大きいというデメリットがあります。さらに、優れた機能が多く搭載されているので、本体価格が高くなりがちです。また、あらゆるシステムが搭載されており、本体の大きさ自体も大きくなりがちです。しかし、どの季節でも使いやすい優れたタイプの除湿機です。サイズが大きくても高価でも、年中快適に除湿器を使用したいという方には、ハイブリッド式除湿機が向いています。

除湿機を選ぶポイント

本体サイズ

どこで使用したいかによって、本体サイズを確認しましょう。特に、一人暮らしであったり、サンルームやクローゼットなどの狭いスペースで使用したい場合には、本体サイズをチェックしておかないと、除湿機が置けない可能性が出てきます。また、置けたとしても、狭くて、洗濯物が干せなかったり、ものが置けなくなったりすることもあります。

タンク容量

除湿機に溜めておくタンクの容量が少ないと、除湿の途中でもこまめに水を捨てなければいけないため、とても手間です。ほとんどの除湿機は、タンクが満水になると、自動で運転を停止してくれる機能が搭載されています。まだ除湿の途中なのに、除湿機が止まってしまうということがないように、除湿機のタンクは、大きめのものを選びましょう。

メンテナンスのしやすさ

除湿機は、メンテナンスがとても重要です。
フィルターや排水タンクなどは、掃除しないと不衛生なだけでなく、肝心な除湿機としての能力が発揮されなかったり、故障の原因となります。また、排水タンクが洗いやすいかどうかも確認されるといいでしょう。中には、内部を乾燥してくれる機能が付いたものもあります。

目的によって

どんな目的で使用するかによって、適した除湿機は変わってきます。では、目的に合わせて、どのような除湿機を使用したらいいのでしょうか?
除湿機を、主に、衣類乾燥時に使用したい場合は、衣類乾燥向け機能が搭載された除湿機がおすすめです。最近販売されている除湿機は、衣類乾燥向けのものが多く出ています。多く製品がある中で、選定は難しいかと思います。中でもより優れているものは、送風しやすい機能やセンサーで乾いていない衣類を検知するなどの機能がある製品もあります。より、衣類乾燥に対して優れている製品を選ぶことで、室内干しも外で干したかのように、よりカラリと乾いてくれるでしょう。
狭いスペースに除湿機を置きたいという人は、小型の除湿機がおすすめです。クローゼットや靴箱、浴室などはあまり広くないため、コンパクトな方が、移動させやすく、様々な場所で活用することが可能です。ただし、除湿能力としては、あまり高くありません。メイン除湿機としては、あまり好ましくないので、注意しましょう。
空気中のホコリやチリ、花粉などにも対応したいという人には、空気清浄機能が搭載されている除湿機がおすすめです。除湿機だけでは対応しづらい小さい粒子に対応できる空気清浄機能が付いていることで、快適で清潔な空間を保つことができます。また、空気清浄機能が搭載されていることで、カビ対策をより効果的に行うことができますし、除湿機と空気清浄機の両方を買い揃える必要がないため、コスト的にも置きスペースに関しても制限することができます。
除湿機をインテリアとして活用したいという場合には、シンプルなデザインや、高級感のあるデザインを選び、インテリアとしても見栄えのいいものがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
いろいろなタイプの除湿機がありましたね。夏の多湿に適したものや、冬の結露に強いもの、また、その両方に適しているものなど、様々なタイプがあります。
もちろん、地域によって、除湿器の重要度は異なります。しかし、除湿機は、持っておいて損はない、とても便利な家電です。「部屋がじめじめしていて気になる!」「部屋干しを効率よく行いたい!」という方は、ぜひ、除湿器の導入を考えてみて下さい。
自宅の湿気対策により適したものを選び、快適な空間を手に入れて下さいね。