お役立ちコラム

冬の乾燥に効果的な対策!加湿器で潤いのある部屋へ

加湿器

「加湿器」は、部屋の湿度を調整してくれる万能な機器です。部屋の乾燥対策に加湿器は欠かせないアイテムですよね。では何故、乾燥は良くないのでしょうか?また、加湿器は部屋の湿度を上げ健康や美容にも効果があるのは本当なのでしょうか?乾燥による影響や加湿器のいろいろな効果についてみていきましょう。

季節ごとの乾燥

乾燥する季節といえば、”冬”のイメージが強いですが、初春も乾燥する季節です。初春は、花粉や黄砂、光化学スモッグなどが多い時期です。乾燥だけでなく、外的な汚れも多い時期なので、肌トラブルが絶えない時期です。
春が過ぎて、梅雨になると、乾燥から悩まされることはなくなりますので、梅雨時期は安定期といえるでしょう。
そして、夏は乾燥に無縁というイメージもありますが、危険なのが”エアコン”です。冷房の風は、乾燥のもとです。秋に入り、冬になると、目に見えるように乾燥に襲われます。寒い季節ですので、閉め切って暖房をかけていたら、室内はあっという間に乾燥空間になります。
このように、梅雨時期以外、一年を通して乾燥はずっと悩みの種です。冬だけに限らず、365日乾燥対策をする必要があるのです。

”乾燥”がもたらす影響

では、乾燥によって一体どんな影響があるのでしょうか?実は、乾燥対策をしていないと、様々な方面でのトラブルが発生しやすくなります。

災害面

空気が乾燥していると、空気中の水分が少なくなります。そのため、何かの火種があれば、摩擦により静電気も発生し、発火しやすくなります。
コンロやコンセントなどの電気製品はもちろん、冬場はストーブなどの暖房器具を使う時間も多く、使い方を誤ると、火災につながる可能性も考えられます。また、いまだにタバコの不始末による火災も毎年発生しています。

健康面

空気が乾燥してくると、水分が体からどんどんなくなっていきます。その状態で水分補給までしないとなると、身体に恐ろしい影響が出てきます。その影響として、頻尿、むくみ、関節の痛み、鼻水、胃の荒れ、皮膚のかゆみなどが発生します。

毎年冬に多いインフルエンザ。こういった風邪のウイルスは、空気が乾燥すればするほど活発になり大流行します。空気が乾燥することで、鼻や喉の粘膜も乾燥するため、ウイルスなどの感染に対する防御機能が低下してしまい、体内に侵入しやすい状態となります。

冬に多い静電気。静電気の原因は、一つは「重ね着」にあります。冬は気温が低く寒いため、服を何枚も着るときもあるかと思います。すると、服同士の摩擦により、静電気が起きやすい状態となります。もう一つの原因は、「空気の乾燥」です。空気が湿っていると、静電気は空気中に逃げていきます。しかし、空気の乾燥により、空気中の水分が少なくなると、静電気の逃げ場がなくなります。すると、体内に電気が溜まり、指先がドアノブや車などの金属部分に触れた瞬間に、ビリッと電気が走ってしまうのです。

夏場は、気温が高く、汗をかいて喉が渇くため、水分補給をしっかりされる方が多いかと思います。実は、冬場も水分補給をしっかりする必要があります。汗をかいていなくても、空気の乾燥によって皮膚が乾燥してしまい、体内の水分がどんどん蒸発してしまいます。そのため、脱水症状を起こしてしまう危険性があります。

美容面

空気が乾燥することで、体内の水分量が少なくなり、お肌や髪から、水分が蒸発しやすい状態になります。また、皮脂も汗も分泌量が少なくなるため、肌を保湿してくれる天然のクリームが少なくなります。肌から水分が減り10%以下になると、肌荒れや、しみ、しわ、かゆみ等の原因となります。髪から水分が減ると、パサついて広がりやすくなり、枝毛や切れ毛の原因にもなります。

加湿器の効果

「加湿器」は、室内を加湿することができる機器です。加湿することによって、室内の温度が上昇するため、同じ室温であっても、体感的には暖かく感じることができます。

主な種類について

加湿器の種類は、主に3種類あります。

  • 気化式(ヒーターレス)
  • 蒸気式(スチーム)
  • ハイブリッド式

気化式(ヒーターレス)は、電気代を抑えたい場合におすすめです。こちらは、消費電力が少ないことがメリットです。しかし、消費電力が少ない分、素早く加湿することができません。しくみとしては、水をフィルターに透過させ、ファンの風を当てて水を気化しています。ですので、熱が加わっていないため、室内の温度が上昇することはありません。反対に、フィルターに風が当たることにより水が気化して熱が奪われます。そのため、室内の温度よりも温度の低い高湿度の風が出るため、室内温度が低下します。蒸気が熱くないので、安全性が高いことがいえます。
熱が加わってないとなると、加熱用ヒーターが内蔵されていないため、電気代を低く抑えることができます。デメリットとしては、加湿力が少し低いということです。広い部屋に置く場合には物足りなさを感じるかもしれません。

蒸気式(スチーム)は、強力な加湿が必要な場合に最適です。スチームによって加湿をするため、強力で即効性があります。そのため、加湿器の種類の中では、消費電力が高いため、一番電気代がかかる種類です。しくみとしては、加湿器の内部に電熱装置が内蔵されており、水を蒸発させて加湿します。加熱された蒸気は、上部へ向かいます。そこで、エアコンの送風モードや、シーリングファンなどを併せて使用されることをおすすめします。

ハイブリッド式は、気化式と蒸気式の中間の種類です。こちらの種類は、気化式よりも加湿力が優れていますが、蒸気式よりも消費電力が少ないため、中間のものをお探しの方に最適です。気化式ほど冷たい風ではなく、蒸気式よりも熱くない蒸気ではない風が放出されます。そこで、電気代を抑えつつ、室内の温度もそのままで湿度を上げることができます。

選ぶ際の基準

  • 加湿能力
  • タンクの容量
  • メンテナンスのしやすさ
  • ランニングコスト

加湿器を選ぶ際は、部屋の広さも視野に入れて考える必要があります。加湿器もしくは説明書に記載されている適用畳数を把握し選びましょう。蒸気式(スチーム)やハイブリッド式のタイプは、加湿力は強くはないですが、消費電力が少ないため、電気代があまりかかりません。
加湿器を置く部屋の大きさや、機能の良さ、電気代などを踏まえ、より最適な加湿器を選びましょう。

加湿器使用時の結露の問題

窓に結露が発生する場合、加湿器を使用して加湿をする際に、注意したいのが「結露」です。空気は、温度が高いほど、水分の量が多くなります。夏の暑い時期に、氷を入れたコップに水滴が付着する現象が起こります。その原理と一緒で、室温を高くし、加湿を行った空間は、冷たいものがあるところで結露します。


            結露に注意!

対策①部屋の湿度の把握をしっかり!

そこで、部屋の湿度をしっかり把握しておくことをおすすめします。把握の仕方ですが、湿度計を部屋に置いて、時々チェックする方法や、加湿器に表示されている湿度の値を定期的に確認することを徹底するといいでしょう。また、中には、加湿器自体に、”湿度コントロール機能”が搭載されている場合もあります。自動で管理してくれるのはとても便利です。

対策②部屋を暖め過ぎないようにする

また、部屋を暖めすぎないようにすることも、結露対策の一つです。部屋の中と外の温度差が大きい程、結露の発生率は上がります。もともと結露しやすい部屋で暖房器具と加湿器を同時に使う場合は、寒すぎない範囲で温度設定を少し低めにし、部屋を暖めすぎないようにしましょう。

対策③窓を開ける

結露しやすいのは、冬の明け方の時間帯です。外の気温が一気に低下するため、特に結露しやすくなります。寝る直前まで暖房で部屋を暖めていた場合、部屋の暖かさと夜中の冷えの温度差によって、朝方に窓に結露がびっしりとついていたということがあります。こういった結露を防ぐには、暖房を切った後、窓をしばらく開けておき、室内の暖かい空気を外に出してあげることで、部屋と外の温度差が減少し、結露する可能性を減らすことができます。また、空気の入れ替えにもなるため、一石二鳥です。また、寝る前でなくても、換気をすると、部屋の中の温度差を一時的に解消することができます。結露が起きた場合には窓を開けて換気をしましょう。

対策④寒い場所を避ける

加湿器を置く場所にも注意が必要です。気温が低い窓際や壁際に置いてしまうと、結露が発生する確率が高くなります。寒い場所には置かないようにしましょう。

加湿器以外での乾燥対策

ビタミンを積極的に摂取する

また、乾燥肌対策として、食べ物から予防するという方法もあります。乾燥肌におすすめなのは、冬が旬の野菜です。冬に旬の野菜には、肌の乾燥を防いでくれるものが多いです。また、乾燥予防だけでなく、身体を温めてくれる効果もあります。ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEの多い食べ物を積極的に摂るようにしましょう。また、タバコは、体内に取り込んだビタミンを壊してしまう恐れがあります。せっかく取り込んだビタミンが破壊されてしまうのは非常にもったいないことですので、タバコは控えるようにしましょう。

お湯を沸かす

お湯を沸かして、蓋を開けておくだけで、部屋を加湿してくれる効果があります。また、湿度と同時に、部屋の温度も上げることができます。部屋が乾燥している状態のときは、温度が低いという状態です。お湯を沸かすことで、温度を上げると同時に、蒸気の力によって湿度も上げることができます。ですが、この方法を行うと、ガス代・電気代がかかります。よっぽど湿度が下がっている際や、加湿器が壊れている際に、この方法を活用するといいでしょう。

エアコンばかり使わない

エアコンには加湿機能がありません。エアコンの風によって、室温が上がると同時に、部屋が乾燥状態になります。そこで、湿度を保ちながら室温を上げるには、オイルヒーターの使用がおすすめです。オイルヒーターは、部屋全体を暖めるまでに時間がかかりますが、風が出ないため、部屋が乾燥することがありません。その他の暖房器具として、ガスファンヒーターや、石油ファンヒーターもおすすめです。これらの暖房器具は、熱を発生する際に水蒸気も発生させます。エアコンよりは多少乾燥しにくいでしょう。こちらの暖房器具を使う際は、時間が経ったら換気が必要ですし、温風に直接当たり続けることで乾燥してしまいます。直接はあまり当たらないようにしましょう。

水分を積極的に摂る

冬は、湿度が低く乾燥しているため、脱水症になる確率が高まります。夏は、暑かったり汗を掻いたり喉が渇いたりするため、積極的に水分を摂ることが多いと思います。一方、冬は、気温も低いため、水分摂取を忘れがちです。喉の渇きに関係なく、2~3時間にコップ1杯程度の水分摂取は必要です。水やお茶などでこまめに水分を補給し、脱水症にならないように予防しましょう。

理想の湿度


理想 湿度 温度

理想的な湿度の目安は、40~60%です。40%以下になると、目や喉、肌の乾燥を感じる程になります。また、インフルエンザが活動しやすい状態になります。しかし、反対に湿度が60%以上になると、カビやダニが発生してしまう危険性があります。
部屋が最も乾燥するのは、エアコンの電源を入れた時です。この時点で加湿器を同時に使用しましょう。湿度は、高すぎても低すぎても良くありませんので、このくらいの湿度を目指しましょう。


     エアコンをつける際は加湿器も一緒に!


まとめ

空気が乾燥する冬場は、風邪のウイルスが繁殖しやすくなったり、肌や髪のトラブル、火災などの危険性があります。そして、冬場はさらに暖房も使うため、室内の湿度は20~30%以下になります。最適湿度は、40~60%といわれていますので、かなりの低湿度になってしまいます。そこで、湿度を上げるために必要になるのが、”加湿器”です。最近では、空気清浄機と一体になった機種も登場しています。
加湿器は、ただ新しければいいというものではありません。機能・価格・デザインなどを見て、商品を選定することが大切です。一般的には、白色の四角い箱の形をした加湿器が多いですが、中には加湿器には見えないようなインパクトあるオシャレなデザインの加湿器もあります。加湿器を上手に利用して、快適な空間を作りましょう。