こたつの設定を弱・中・強にしたときのこたつ内の温度変化について調べてみました!

こたつ 温度

寒い季節がやってくると、恋しくなるのが「こたつ」です。こたつは、暖かさを温度を設定して切替えする製品もあれば、”弱・中・強”で強さを切替する製品もあります。こたつの設定での「強・中・弱」では、こたつ内は何℃になっているか気になったので、検証してみることにしました!


寒い 季節 こたつ 暖房器具 温度 

こたつ 温度

こたつの中に温度・湿度計を入れて、弱運転・中運転・強運転に切替え、各30分後に、こたつ内が何℃になっているかを確認します。


温度 湿度

電源を入れる前のこたつ内の温度は、19℃でした。湿度は、現時点で50%あります。ここから、どのくらい上がるのでしょうか?
※この日の外気温は、検証時は18℃でした。

<弱運転の場合>


温度 湿度

部屋 温度

弱運転に切り替えて30分後、こたつ内の温度は25℃に上がっていました。湿度は、約8%下がっており、42%でした。

<中運転の場合>


温度 湿度

弱運転 温度 温かい

中運転に切り替えて30分後、こたつ内の温度は、32℃まで上がっていました!湿度は約10%下がり、31.0%です。

<強運転の場合>


温度 湿度

足 温かい 熱い 真冬

強運転にして30分経過したら、こたつ内は34℃になっていました。中運転の時と比べると、温度は、2℃しか上がりませんでした。湿度も温度同様少し下がり、27.5%になっていました。


こたつ 暖まる 湿度低い 加湿器 脱水症状 

結果


運転前 弱運転 中運転 強運転 温度 湿度

今回の検証を終えて、弱運転、中運転、強運転と強くなるにつれて、こたつ内の温度が上がっていくことが証明されました。一方、こたつ内の温度が上がるにつれて、湿度は下がっていくことも証明されました。中運転と強運転では、1.5℃しか上がっていませんが、足を入れているときの感覚は、強運転の時は、より暖かく、少し熱すぎるくらいでした。冬場に、室内で暖房も運転しているとなると、中運転でも十分な温かさがあると感じます。電気代削減のことも考えると、強運転よりも中運転が経済的なのではないかと予想されました。
次回は、弱運転、中運転、強運転時のそれぞれの電気代について調べる検証をしたいと思います!どうぞお楽しみに!

※こちらは、弊社が行った検証結果についてまとめた記事です。
 環境・状況・使用するものの種類によっては、結果が異なる場合もあります。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-207-1116 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)