お役立ちコラム

FAX機・コピー機(複合機)のしくみや選び方を知ろう!

FAX機 コピー機

みなさんは普段FAXをお使いですか?最近では、スマートホンやパソコンでデータを送りあうやりとりも多いかと思います。しかし、企業・会社では、FAXがまだまだ主流です。送信側と受信側がどちらもFAXの機械を持っていれば、FAXのやりとりを行うことができます。
今回は、そんなFAXが送られるしくみやコピー機(複合機)のしくみについてもご紹介します。

FAXが送られるしくみ


FAX しくみ 電話交換機 受信側FAX機 送信側FAX機

FAXは、一旦、手元にある原稿をFAX機にて読み取り、電話回線を通して、相手のFAX機から元の原稿を復元することで送られています。FAX送信の際に機械でデータを読み取る際、電話回線が理解できる電気信号に変換される作業が行われます。その際に変換された電気信号が、受信側から読み取ることができるデータに再現されるため、FAXの文字を見ることができるというしくみです。
送信側から受信側までの流れはこのようになっており、FAXを送受信する際は、機械が常に電話回線に繋がれていることが前提なのです。

インターネットFAX

インターネットFAXというFAXをご存知ですか?通常のFAXは、電話回線によって送受信されていますが、インターネットFAXの場合、電話回線ではなく、インターネット回線を通じて、FAXの送受信を行います。ですので、FAX機器を持っている必要はありません。
どういうしくみかというと、インターネット回線経由でFAXを送受信します。FAX機を用いた場合は、FAXデータの再現や変換が必要になりますが、インターネットFAXの場合、FAXデータの再現や変換、インターネットFAX事業者であるサーバーが行います。ですので、FAX機器がなくても成り立つのです。このように、インターネットFAXは、ネット回線を利用しているため、通信コストは各段に安いのです。050から始まるIP電話もネット回線を利用しているため、固定電話よりも通信料が低価格です。インターネットFAXもこのしくみにより、安く利用できるのです。
インターネットFAXは、送られてきたFAXは、PDFなどのデジタルデータに変換されます。PDFになるため、パソコンやスマートフォンからでも、メールとして受信し、見ることができます。
また、送信側は、パソコンやスマートフォンからデータを送り、相手側が通常のFAXの持ち主であった場合も、送信することができます。このように、インターネットFAXはとても便利な機能です。

FAXの文字

では、FAXは、電話回線を活用し、どうやって同じ内容を受信側に届けているのでしょうか?実は、FAXの文字は、よく見ると、小さな点の集合体によって構成されています。FAXは、まず紙に書いてある文字や絵を全て点の集まりに置き換えています。
FAXの機器が原稿を読み取る際、光を原稿に照射します。その際、光が反射した部分は「白」、光が反射しない部分は「黒」と判断します。これを、0と1の二進数による電気信号に変換します。電気信号の情報を受け取った受信側のFAXでは、届いた情報の通りに黒い点の部分を描写します。その結果、複数の点が集まり、文字や絵、写真などに見えています。このように、遠くにいる相手に、全く同じものが届きます。


FAX 文字

ファックスを送る側では、上記の左の画像のように原稿を分割して画像を読み取り、画像のある部分を「1」、ない部分は「0」としました。そして、静電気が残った部分に、黒いインクがつけば、上記の右の絵のようになります。

コピー機のしくみ

コピー機(複合機)は、原稿通りに写し取る機器です。原稿もしくは写真を写し取り、複製元と同じ形静電気を発生させ、色付きのトナーを配置し、用紙に印刷します。
用紙に移されたトナー(インク)は、コピー機内部のヒーターにより加熱され、用紙に定着します。

静電気をうまく使っています!

コピー機は、静電気の性質をうまく利用しています。
感光ドラムの表面に、マイナスの静電気を帯電させます。感光ドラムとは、コピー機内部の部品であり、トナー(専用インク)を感光ドラム自体にくっつけて、その後、紙に転写する役目のある部品です。次に、レーザー光により、感光ドラムに画像が描かれます。この時、レーザー光が照射された部分の静電気はなくなります。その部分に、トナーをふりかけることで、静電気のなくなった部分にだけ付着します。その後、トナーの付着した感光ドラムが、紙に密着し、トナーを写し、仕上げに熱と圧力を加えて馴染ませたら、コピーが完成します。


帯電 露光 現像 転写 定着

手順としては、帯電→露光→現像→転写→定着の順番にコピーが行われます。この中の工程のほとんどが、静電気の原理を利用しています。

コピー機の拡大・縮小とは


元原稿のサイズ コピー変倍したいサイズ(%)

コピー機を使う際、「拡大印刷」「縮小印刷」というものがあります。拡大印刷では、小さい文字や画像を大きく印刷し、縮小印刷では、大きい文字や画像を小さく印刷できる機能です。
大きいサイズの紙から小さい紙に縮小印刷する場合、コストの削減にもつながるメリットがあります。
このように、コピー機の倍率設定が簡単に行えるようになったため、ますます便利になってきています。



ました。紙のサイズは、A系とB系があります。オフィスでは、よく、A4サイズ、A3サイズ、B5サイズ、B4サイズが使用されています。A系からB系への拡大・縮小も可能ですし、B系からA系への拡大・縮小も可能です。コピー機の操作パネルで、拡大・縮小メニューの中から選択して設定することができます。その他に、細かい倍率設定もありますが、既に決まっている選択メニューがあると、仕事中の忙しい時にも便利に活用することができます。また、用紙の中で、一般でもオフィスでもよく使われているのは、A4サイズの用紙です。書類関係は、A4サイズが多いですし、仕事用にFAXを送信する際も、A4サイズがよく使われています。

複合機とは?

”複合機”とは、コピー、FAX、プリンター、スキャナー等、複数の機能が一つの機器に組み込まれている機器のことをいいます。様々な業務が必要なオフィスで役立つこと間違いなしです。機械の種類によって、搭載内容が違うため、これらの全ての機能が搭載されているわけではありません。ですので、使用したい機能や用途に合わせて、選定する必要があります。
複合機を選ぶときのメーカー選びですが、メーカーは数多くあります。その中でもさらに複数の機器が出ているため、迷ってしまいます。どの機器を選んだらいいのでしょうか?複合機は、複数の機能がついている程、高額になります。必要な機能を絞り、よりシンプルな機器の方が、使いやすいでしょう。
そんな複合機ですが、様々な機能を一つにまとめていますので、スペースを最小限に抑えることができます。スペースがそんなにない場所では、スペースをとらないので、メリット大です。デザイン性や使い勝手など、よく見ると違いがたくさんあります。複数比べてみて決めましょう。

ステープル機能とは?

会社で会議等の資料を作る際、仕上げの作業は、ホッチキス留めが多いかと思います。日常的に時々ある作業ならまだしも、大量に部数を作ることになったらとても大変ですよね。近頃では、その作業を、複合機がしてくれる機能が搭載されている複合機があります。その、ホッチキス留めの作業を、「ステープル機能」といいます。
このような、ステープル機能を使うためには「フィニッシャー」が必要になります。こちらの機能は、オプションになります。フィニッシャーは、ホッチキス留めや、穴あけパンチや折り畳みもしてくるものもあります。
そのフィニッシャーには、「インターフィニッシャー」と「サドルフィニッシャー」の2種類があります。インナーフィニッシャーは、複合機本体の用紙排紙口に取り付けられるフィニッシャーのことです。10枚以下の数枚の紙をまとめるときによく使われます。
一方、サドルフィニッシャーは、外付けで取り付ける大型のフィニッシャーのことです。100枚綴じ程度などのかなり分厚い資料も綴じることができる機能です。ですが、この機能は、複合機によっては、フィニッシャーの取付けができる機種とできない機種がありますので、購入する前は、こちらのオプション機能が追加できるかもチェックしておいたらいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
普段、何気なく使用してるFAX機やコピー機は、光の反射や静電気が関わっていました。また、FAX機を用意しなくても、FAXを送ることができる、”インターネットFAX”という方法も、FAX機が目の前になくても送ることができるためとても便利です。複合機では、オプション機能を追加できる機器を選ぶことで、分厚い資料の作成も楽々することができます。ぜひ、お気に入りの1台を見つけてみて下さいね!