寒い秋冬に大活躍のこたつの電気代を調べてみました!

先日、こたつの設定を弱・中・強にしたときのこたつ内の温度変化について調べてみました!の検証を行いました。ご覧頂けましたでしょうか?この時の検証では、中運転の設定で、こたつの中は32.5℃まで上昇し、中運転でも十分な温かさがあることが確認できました。そのことから、電気代削減のことを考えると、弱~中運転が最適なのではないかという見解に至りました。実際のところ、こたつの電気代はどれだけなのかをはっきりと確認してみたくなり、前回と同じこたつにて、今回は”電気代”を調べてみることにしました!


冬 こたつ 電気代

「暖房は寒い秋冬にとても便利ですが、気になるのは”電気代”ですよね!」「だな!暖房器具は何かと電気代が高いからな!」「みんなが大好きなこたつなので、電気代が安ければいいんですが・・・」「今回も、やってみたシリーズでよく活用している”ワットモニター”を使用しての電気代検証だ!」

ワットモニター

それではスタート!

①弱運転(1時間運転)


こたつ 弱運転

「弱」運転で1時間運転した場合、電気代は0.94円でした。


弱運転だと、1時間1円もしないなんて驚きです!こたつは、もう少し電気代がかかると思っていたので、安心しました♪」「暖房器具だが、ここまで電気代が安いのは、こたつくらいかもしれないな!」

②中運転(1時間運転)


こたつ 中運転

「中」運転で1時間運転した場合、電気代は1.82円でした。


中運転だと、弱運転の電気代のおおよそ2倍に上がりましたね!その分、暖かさも2倍になりました!」「弱運転の時は、運転音が全く聞こえないくらいだったが、中運転にした瞬間、運転音が聞こえてきたぞ!」

③強運転(1時間運転)


こたつ 強運転

「強」運転で1時間運転した場合、電気代は2.88円でした。


「やはり、強運転に変えると、すごく暖かいですね!足元が足湯に入っているように暖かいです!」「ずっと足を入れているとすごい暖まるな!真冬にすごくいいな!」「電気代は、弱運転の時のおおよそ3倍ですね!」「3倍というと、すごく高いイメージだが、1時間3円でものすごく暖まるなら得だな!」

1時間あたり 電気代 こたつ 弱運転 中運転 強運転 

仮想(1日12時間 × 冬場の5ヵ月間使用の場合)

(弱運転の場合) <em>約1円×12時間×150日=<strong>1,800円</strong></em>

(中運転の場合) <em>約2円×12時間×150日=<strong>3,600円</strong></em>

(強運転の場合) <em>約3円×12時間×150日=<strong>5,400円</strong></em>

5ヶ月使用し続けたとしても、この金額はかなりお得でしょう!

まとめ

いかがでしたか?検証の結果、こたつの電気代は、弱運転から中運転、中運転から強運転へと切り替えると、約1円ずつアップしました。ですが、こたつの電気代自体安く、足元から暖かいと、上半身も暖かくなってくるため、全身暖まることができ、とても便利な暖房器具だと思います!
程よい暖かさの中運転の場合だと、毎日使用したとしても、一冬の5か月間(11月~3月)で3,600円で過ごすことができるのは、経済的です。
真冬の寒い日も、重ね着をしたり、暖かい素材の衣類を着て、こたつで暖まると、他の暖房器具は最小で使用することで、電気代を抑えることができるかと思います。寒い冬は、エアコンやストーブ以外に、こたつを活用し、暖かく過ごして下さいね!

<script data-ad-client="ca-pub-7860933118792644" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

<em>※こちらは、弊社が行った検証結果についてまとめた記事です。
 環境・状況・使用するものの種類によっては、結果が異なる場合もあります。</em>