お役立ちコラム

HEMSを導入する前に知っておきたいメリット・デメリット!

最近よく聞く、「HEMS(ヘムス)」とは何かご存知ですか?あまり聞かない言葉ではありますが、HEMSは、これからの住宅に欠かせない「エネルギーの見える化」の実現と同時に、家電や電気設備を管理し制御してくれるシステムです。「エネルギーの見える化」によって、私たちの生活にどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?また、気になる補助金や導入費用はどれだけなのでしょうか?詳しくみていきましょう。

HEMSとは?


HEMS 太陽光発電 照明 エアコン スマートメーター 電気自動車(EV車) 蓄電地 エコキュート

HEMSとは、「Home Energy Management System」(ホーム エネルギー マネジメント システム)の略です。HEMS(ヘムス)と聞くと、まるで機器の名前のようですが、一つの「システム」の名前です。どういったシステムかというと、家庭で使うエネルギーを節約するために管理してくれるシステムです。
管理してくれるといっても、人が管理するということではなく、管理システムの機器が、家電や電気設備機器とつながって、電気やガスなどの使用量をモニター画面に表示してくれるという管理方法です。また、管理と同時に、機器の使用量の制御もしてくれます。HEMSは、ネット回線に接続することができるため、「見える化サービス」を常に利用することができます。「見える化サービス」を利用することで、お子様にも省エネや節電の意識を持ってもらうことができるため、大人だけが関係することではないのです。
HEMSを導入するためには、揃える必要がある機器がいくつかあります。政府は、2030年までに、全ての住まいにHEMSを設置することを目指しています。


HEMS 見える化 作る 使う 貯める

<HEMSのサイクル>

  1. つくる・・・太陽光発電システム
  2. つかう・・・エコキュート、エアコンなど
  3. ためる・・・蓄電池、電気自動車
  4. 見える化・・・スマートフォン、パソコン

HEMSを始めるには?

各メーカーより、HEMSに関する多くの商品が販売されています。HEMSを導入するためには、専用の機器の導入が必要です。主に何の機器が必要となるのでしょうか?必要な機器は以下の通りです。

HEMS対応分電盤

分電盤は、電気を安全に使用するために必要なブレーカーなどを1ヵ所にまとめたものです。電気を使用している家庭であれば必ず設置されています。電気を各部屋へ分岐させたり、漏電の検知や、過電流の流入防止などをする役割があります。HEMSを導入するには、HEMSと分電盤を接続させる「HEMS対応分電盤」の設置が必要です。既存の分電盤でも、一部を変更することで接続も可能です。ですが、今後のHEMSの普及性や変化のことも考えると、HEMS対応型分電盤へ切り替えてしまった方が、後々対応が楽になるでしょう。

電力測定装置・情報収集装置

HEMSに不可欠な機器として、「電力測定装置」と「情報収集装置」があります。難しい機器の名前ですが、電力測定装置は、分電盤を連携させることにより、各家電製品の電力消費量を把握することができます。情報収集装置は、家電製品をインターネットとつなげる際に無線での接続を可能にしてくれます。

モニター

モニターは、電力利用状況を把握するための装置です。モニターでは、計測した使用電力量を見たり、電気設備機器を操作したりするための専用モニターです。
HEMS専用のモニターもありますが、インターネットに接続しているクラウド型HEMSであれば、パソコンやスマートフォン、タブレットからでも、モニターと同じ情報を見ることができます。クラウド型HEMSの場合、自宅にいなくても、パソコンやスマートフォン、タブレットがあれば、自宅の電気機器の使用状況を把握することができます。
クラウド型HEMSのメリットとして、家電のスイッチの切り忘れを防止できることがあります。「エアコンのスイッチを切り忘れたかも・・・」と気づいた際、外出先からでもエアコンの状況を確し、その場でスイッチを切ることができます。また、暑い日や寒い日には、帰宅前にエアコンのスイッチを入れておき、部屋の温度を調整しておくこともできます。また、エコキュートの場合だと、帰宅のタイミングに合わせてお風呂のお湯張りをしておくことも可能です。
こういった点では、クラウド型HEMSの方が、より生活が便利になる点は多いでしょう。

HEMSのメリット

今使っている電気・買っている電気・売っている電気が一目で分かる!

HEMSを導入する上で、一番のメリットは、無駄なく節電することでしょう。今まで、何となくしか見えなかった、家中のエネルギーの流れを確認することができるので、より節電への意識も高まるでしょう。今までにも節電を意識されていた方は、より、効率的に節電を実施できますし、今までに全く節電をされていない方は、HEMSの導入によって、すぐに節電効果が目に見えるように分かるかと思います。何事も同じですが、すぐに結果が見えると、やる気が沸くものです。
何となく寒いからつけていたエアコンも、"こんなに電気代がかかるのなら、もっと服を着るべきだ!”など、今すぐに実行できると、節電効果もどんどん上がり、一ヶ月経った頃には大きな差が出ることもあるでしょう。また、”先月は電気を使いすぎたな”と感じた場合は、今月は設定温度を変えてみたり、風量を変えてみたりなど、家族みんなで工夫すると、その分大きな節電効果を得ることができるでしょう。また、HEMSでは、設備機器の切り忘れもチェックすることができます。一部屋一部屋チェックしなくても、お出かけの前に、玄関や廊下で、今の部屋の電力の使用状況を見ることができます。切り忘れを防ぐことで、節電のみならず、火災の防止や、漏電にも気付くことができるでしょう。
このように、家電毎の消費量をモニターで表示してくれ、設備機器の使いすぎや部屋の空気をしっかりと管理してくれるため、HEMSを導入することで、節約しながら快適な生活を送ることができます。

部屋の空気を管理することができる!

部屋の空気を清潔に保つために、空気清浄機をお使いの方も多いかと思います。HEMSを導入することで、その効果を目に見えて実感することができます。温度や湿度はもちろん、ハウスダストやPM2.5、臭いなどを常に確認することができます。空気状態が悪い場合、HEMSと連携できる空気清浄機を設置することで、自動で稼働してくれ、快適空間へと導いてくれます。HEMSは、コンセントで稼働するタイプの空気清浄機や加湿器などとはつなぐことはできません。ですが、その場合も、状況を把握さえすれば、対処ができるため、それだけでもかなり違うでしょう。
全部屋の空気状況を管理することができるため、お子様のいるご家庭では、子供部屋の温度、湿度をモニターで確認し、乾燥にいち早く気付くことができます。すぐに状況を把握でき、加湿器を運転させるなどのすぐの対処ができるため、風邪予防につながりますし、体調管理の意識向上のきっかけにもつながるでしょう。リビングなどの広い部分はいつも管理しやすいですが、その他の部屋は、一部屋一部屋の管理が難しいため、どこにいても確認できるのは、家族みんなの健康を守ることにもつながるでしょう。
また、PM2.5やハウスダストにおいても、目に見えて分かるものではないため、どこまで対処するべきなのかが迷うところです。しかし、モニターを見てチェックすることができれば、すぐに対処し、洗濯物の部屋干しも迷うことなく行うことができます。

外出先からの家電のON/OFFが可能!

夏の暑い日に家に帰っても暑かったり、真冬に帰宅した際に部屋が寒いと、すぐに暖房や冷房を付けることがあるかと思います。しかし、すぐには適正温度になりませんよね。ですが、インターネットに接続できるHEMSを使用すれば、外出していても、エアコンのスイッチを入れたり、タイマーであらかじめ部屋の温度を設定しておくことで、家に帰った際には快適温度になっています。
インターネットを利用したHEMSのことを、「クラウド型HEMS」といいます。エアコンの暖房、冷房の他に、消し忘れた家電をオフする、防犯のために、玄関の電気を点灯させておくなど、HEMSを利用する用途は様々です。

HEMSのデメリット

あまり知られていない

「HEMS」は、テレビやラジオで紹介されていないため、認知度が低いというのがデメリットの一つです。同じエネルギーの部類の中でも、太陽光発電システムや電気自動車などは、耳にする機会が多いですが、「HEMS」という言葉は、ほとんど聞くことがないでしょう。知らないものを自宅に導入しようという方はいないでしょう。
もっとたくさんの人が「HEMS」を知って導入するまでには、さらなる時間がかかることが予想されます。

コストメリットがはっきりしていない

HEMSの導入には、各種機器の導入が必要になります。
工事が必要になりますので、導入にかかる費用と導入後の節約できた分の金額を併せてみたとき、導入費用を回収できるまでにどのくらいの期間がかかるかというところがまだ明確になっていません。

HEMSの通信規格「ECHONET Light」に対応していない電化製品がまだまだある

HEMSで、電化製品を自動制御する場合には、「ECHONET Light」に対応している電化製品である必要があります。これから発売される製品については、HEMS対応のものも増えていくことが予想されます。ですが、現在出ている製品のほとんどは対応していないため、自動制御を行うことができません。

本体価格について

気になるのは、HEMSの導入費用です。HEMSを導入するにあたり、システム費用と工事費用が必要となります。システムとはいっても、様々な機器の導入が必要です。金額自体は、メーカーによって大きく違い、どんな風に活用したいかによっても、金額に幅が生じます。補助金で全額補える場合もあれば、補助金を利用しても、一部の足しにしかならない場合もあります。ですので、「HEMSの導入には〇〇〇円かかる」と一概には言い切れません。
こういった金額の差は、機能の性能自体が充実しているものほど、金額が高い傾向があります。また、同じメーカーであっても、自宅自体の大きさや、連携する電気設備の数によっても価格は変動します。各メーカーの製品内容や価格については、各メーカーのホームページを見てみましょう。
HEMSのメーカーは、10社以上あります。10社以上もあると、選定に迷ってしまいますが、特徴をしっかり掴んで選びましょう。

補助金について

気になる補助金についてですが、国からの補助金は2014年3月に制度が終了しました。ですが、県や市町村からの補助金がでている自治体もあります。自治体によっては、県と市の両方の補助金を受け取ることができる場合もあります。導入をご検討されている場合は、お住まいの県や市に確認してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?スマートメーターの設置が進み、国は、HEMSを2030年までに全ての家庭に導入することを推進しています。HEMSの導入は、光熱費削減だけならず、環境にもやさしいシステムです。電気設備使用量の無駄や、現在の使用状態がすぐに確認できることにより、家族一人ひとりの省エネへの関心が高まり、さらなる省エネにつながります。また、最近は、家電製品単体でも省エネ機能が増えているため、さらなる効果が発揮できるでしょう。HEMSの場合、電気の使用量だけでなく、ガスや水道の使用量も管理できるため、月末などの経済的に厳しいときにもうまく調整することも可能です。
また、経済的な部分だけでなく、一度設定してしまえば、温度設定が必要いらず、自動でコントロールしてくれるというのも、とても便利なメリットだといえます。
HEMSを導入するにあたり、メーカー選びも重要です。メーカーによって、値段も様々ですし、特徴も異なります。自分に合ったHEMSを導入するには、予算はどれくらいなのか、どこまでの管理がしたいかを明確にすることが重要です。ついつい使いすぎてしまう家電や、自身でのコントロールや管理が難しい設備機器は、使用時間の設定をうまく切替えし、管理していくことで、環境にも家計にもやさしい住宅となっているでしょう。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-207-1116 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)