お役立ちコラム

布団乾燥機は必要?温めだけでなく衣類乾燥やダニ退治も!

布団乾燥機 衣類乾燥 ダニ退治

「布団乾燥機」は、名前の通り、布団の乾燥をすることができます。また、布団を乾燥させるだけでなく、布団をホカホカに温めて湿気を飛ばすことでダニ対策をすることも可能とした機器です。
便利な機器であることは間違いないですが、使い方に決まりはあるのでしょうか?また、電気代やメリット・デメリットはどれほどなのでしょうか?布団乾燥機の基本の使い方や、便利な面などについてみていきましょう。

布団乾燥機とは?


布団乾燥機 布団 ふかふか

布団乾燥機は、掛布団と敷布団の間に乾燥マットなどをセットし、その中に温風を送り、布団を乾燥させるための家電機器です。様々なタイプがありますが、ほとんどは四角い形で、専用のマットがあります。そのマットを掛布団と敷布団の間に広げて使います。温風を吹き出すホースがついており、ホースとマットをつなぐことで、布団にまんべんなく温風を当てられることができるため、布団がふかふかになります。
そんな便利な布団乾燥機ですが、最近では、ホースを布団の間に差し込むだけで使用できる簡単なタイプが主流となってきています。こちらのタイプだと、布団の場合もベッドの場合も使用することができます。
マンションなどの集合住宅の決まりで、布団を外に干せない場合や、花粉が飛散する時期や梅雨の時期は、室内で布団乾燥機を使うご家庭が増えています。また、寝る前にふとん乾燥が仕上がるようにタイマーをセットしておき、布団を暖めてから寝るという使い方もあります。

布団乾燥機の種類・特徴


布団乾燥機 ダニ対策機能 衣類乾燥機能 靴乾燥機能 布団温め機能 脱臭機能 安全機能 夏モード タイマー機能

マットありタイプとマットなしタイプ

布団乾燥機は、大きく分けて、「マットありタイプ」と「マットなしタイプ」の2種類あります。
マットありタイプの場合、ホースの先にマットが付いており、そのマットが布団に密着することで布団を乾燥します。マットありタイプは価格が安いため、比較的気軽に購入することができます。しかし、デメリットとして、マットがある分、収納が必要で、布団にダニが残りやすいことがあります。
マットなしの場合、ホースや吹き出し口から直接温かい風を布団に送ります。メリットとしては、マットがないため、準備や片付けの手間がかからないことです。サイズもコンパクトなものが多いので、収納場所が確保しやすいでしょう。しかし、その一方で、価格が高いというデメリットがあります。マットありタイプもマットなしタイプもどちらも、メリット・デメリットがあります。そのことを踏まえた上で、どちらが向いているかを選ぶ必要があるのです。

ダニ対策機能

布団乾燥機を使う目的として、「ダニ対策」をまず一番に考えるという方も多いかと思います。布団乾燥機の高温によって、ダニを退治することはできますが、死骸は布団に残ることになります。そこで、布団乾燥機を購入しダニ対策を行う場合は、一緒に布団クリーナーを使うとおすすめです。

衣類乾燥・靴乾燥機能

布団乾燥機の温風を利用して、衣類や靴の乾燥を行うことができます。ビショビショに濡れてしまった靴を乾かすのは時間がかかりますが、布団乾燥機があれば、すぐに乾かすことができるでしょう。

布団温め機能

布団を温めてくれる布団温め機能。寒い日もホカホカの布団ですぐに眠りにつくことができます。

脱臭機能

布団乾燥機の中には脱臭機能に力を入れている機種もあります。布団や枕の臭いが気になる場合は、脱臭機能付きの製品をチェックしましょう。

タイマー機能

一定時間で停止する機能があると便利です。製品によっては、素材別に、乾燥時間を切替できる製品もあります。

夏モード

乾燥させた後の余熱は、しばらく布団にこもってしまいますが、送風によってクールダウンすることができます。夏の暑い時期の使用時にはとても便利な機能です。

布団乾燥機のメリット

布団が暖かくなる

冬場、布団に入った時、寒い思いをしたときはありませんか?冷え性の人だと手足がなおさら冷たくなり、なかなか眠れず、悩むことも多いかと思います。しかし、布団乾燥機があれば、布団をホカホカに温めることができます。布団が温かいと、夜ぐっすりと寝付くことができます。寒くて眠れないという悩みが解決するでしょう。

布団がふかふかになる

天日干しした直後の布団で寝るのはとても気持ちがいいですよね。布団乾燥機を使うことで、天日干ししたときと同じようにふわふわふかふかな布団を再現することが可能です。寝つきが悪かった場合も、布団がいい状態になれば、心地よく深い睡眠をとることができるでしょう。

ダニに効果的

ダニは、25℃以上の温かい温度で、湿度が60%の以上のときに繁殖します。布団は、家の中で一番ダニが多い場所です。また、さらに、人間の体温で温められ寝汗もかく布団は、ダニにとって最高の住処になるのです。しかし、布団乾燥機を使うことで、ダニが死滅する高い温度まで布団を温めることができ、布団の湿度も低くすることができるため、ダニ対策に効果的です。

いつでも使うことができる

室内で使用することができますので、毎日使用することができます。
花粉や黄砂が気になる春や、PM2.5や火山灰などが飛び舞う時期、梅雨や冬場の悪天候が多い時期は、布団を干したくてもなかなか干せないという状況になってしまいます。しかし、布団乾燥機があれば、天気や状況に左右されることなく、いつでも温かいふかふかの布団に寝ることができます。

除菌・消臭効果

定期的に布団乾燥機で布団を乾燥させることによって、細菌が繁殖しにくい状態となります。細菌は、熱に弱く水分がなければ繁殖することができません。ですので、熱を加えて水分を飛ばす布団乾燥機は、除菌効果があります。ダニだけじゃなく、布団に潜む細菌に対しても、高い効果を発揮してくれます。布団は、ずっと干さないでいると、嫌な臭いを発生することがあります。しかし、熱を与えながら水分を飛ばすことで布団の嫌な臭いを消臭することができます。布団の臭いが気になっても、大きな布団を頻繁に洗うのは大変です。そんなときこそ、布団乾燥機を活用しましょう。

洗濯物を乾かすことができる

天候が悪かったり、外に干せない状況の時、部屋干しをするとなかなか乾かず、部屋干しのあの嫌な臭いが残ってしまい、お悩みの方もいるかと思います。部屋干しの際に、布団乾燥機が役に立ちます。使い方ですが、マットがない布団乾燥機の場合は、布団乾燥機から出る風を洗濯物に当たる位置へ布団乾燥機を置きます。マットがある布団乾燥機の場合は、2パターンの方法があります。一つは、マットの中に洗濯物を入れて乾かす方法です。もう一つは、敷布団と掛け布団の間に入れたマットの上に、おおよそ乾いた洗濯物を入れる使い方です。その時の状況によって使い分けましょう。

布団乾燥機のデメリット

電気代がかかる

布団乾燥機は電気代が高めです。電気代が高めなのは、その構造上の問題です。布団乾燥機は、送風機によって起こされた風をヒーターで温めます。この熱風を作るのにヒーターを動かすため、電気代が高くなるというわけです。
例として30分間乾燥させた場合、おおよその平均的な電気代は10円程度かかります。製品や動作モードによっても異なりますが、1回で10~20円程度が目安と考えておくといいでしょう。たまにしか使わない場合は、この金額が安いともとれますが、毎日使いたい場合や、電気代を気にせず使いたい場合には価格が少し気になるところではあります。ですが、まだ布団乾燥機をお持ちでない方や、今後買い替えを検討している方は、電気代が節約できる製品もありますので、そういったタイプを選ぶといいでしょう。

音がうるさい

布団乾燥機は少し音がうるさいというデメリットがあります。音の大きさを表すと、ヘアドライヤーにあたるでしょう。もちろん、製品によって音の大小はありますが、静音でないことはいえるでしょう。ですが、布団にかぶせて使用する布団乾燥機や、静音設計の製品であれば、音をそんなに気にせず使用できるため、販売店でどれほどの音がするのかを確認した上で選ぶといいでしょう。

部屋が暑くなる

布団乾燥機は温風を出すため、それによって部屋が暖かくなります。夏場はデメリットになりますが、冬場はこれが逆にメリットになるでしょう。暖房を運転しているように、温かい空気が充満します。

羽毛布団には使用できない

布団乾燥機を、羽毛布団に使用することはあまりおすすめできません。布団乾燥機の熱風の場合、羽毛にとっては、熱すぎることがあります。羽毛に過度の熱を与えると、羽毛が切れたり、繊維が縮れてしまう可能性があります。せっかくの羽毛布団自体の保温効果を低下させてしまうことになります。また、羽毛独特のあのふわふわ感が消えてしまうことにもなりかねません。もしも、羽毛布団を布団乾燥機にかけるときは、低温モードで使用するか、羽毛布団専用モードにて注意しながら使用しましょう。

布団乾燥機でダニ退治

布団乾燥機の使い方は機種によって違います。マットありの布団乾燥機でダニ退治する方法は下記の通りです。

①布団乾燥機の付属のマットを敷布団の上に敷き、布団乾燥機のホースをつなぐ


敷布団 マット

②マットの上に掛け布団をかぶせます。布団乾燥機のマットを敷布団と掛け布団ではさみます。布団乾燥機を「ダニ退治コース」で運転します。約1時間ほどで完了します。布団が温まり、ダニを死滅させることができます。


掛け布団 敷布団 布団乾燥機

③乾燥機が止まったら、布団乾燥機とマットを片付けます。布団専用の掃除機のヘッドをゆっくり動かしながら、ダニの死骸を吸っていきます。布団の端から端までを10秒はかけてゆっくりと吸いましょう。掛け布団は両面、敷布団は表面部分を吸います。


掛け布団 敷布団

ダニ退治の効果を高めるには、むらなく温めることが重要です。ダニの最大の弱点は、「熱」です。熱が布団全体にいきわたらないと、せっかくの退治の効果が効きません。布団のダニを退治するには、「ダニ退治コース」の決まった温度設定が重要です。設定をきちんとおこないましょう。
また、せっかくダニを退治しても、そのあとの掃除機を怠ると、死骸を残したままになってしまいます。丁寧にゆっくりと時間をかけて行いましょう。

布団乾燥機の選び方

布団乾燥機を選ぶ際のいくつかのポイントがあります。ぜひ、購入時の参考にしてみて下さい。

①布団乾燥機のタイプ

布団乾燥機は、マットを使うタイプとマットを使わない差し込み式の2種類があります。マットがあるタイプの布団乾燥機は、掛け布団と敷き布団の間にマットを敷きます。暖かい空気を送ることで乾燥させることができます。マットを使わないタイプの布団乾燥機は、敷布団と掛け布団の間に大きめのノズルを入れて暖かい空気を送ります。マットがあるタイプの布団乾燥機は、乾くまでの時間を短く効率よく乾かすことができます。ですが、乾燥を行う時の手軽さや機器自体のコンパクトさは、マットなしタイプの方がより優れているでしょう。

対応素材

布団乾燥機は、製品の種類によって、対応している素材と対応していない素材があります。今お使いの布団の素材、今後使用予定の布団の素材を踏まえた上で布団乾燥機を購入するといいでしょう。

機能

搭載機能も重要です。布団乾燥機で衣類乾燥機能付きの場合、洗濯物を乾かす際に除湿機が不要になります。布団以外にも使用用途があると、他の機器を用意する必要がなくなるため、置き場所や費用も抑えることができるでしょう。

寝具別布団乾燥機の使い方

①ベッド

多くのご家庭でベッドをご使用されているかと思います。実は、ベッドにはかなりの量の水分が含まれています。その水分は、汗や湿気によるものです。水分を取り除くためには、日に当てて干す必要がありますが、ベッド自体を天日干しするのはなかなか難しいことです。除湿機を使用したとしても、ベッドの水分までは取り除くことができません。そこで活躍してくれるのが布団乾燥機です。敷布団と掛け布団の間に、布団乾燥機のノズルとマットを入れて、機械のスイッチを押します。
布団乾燥機の製品の種類によりホースの長さが違うため、お使いのベッドの高さや、コンセントまでの距離、布団乾燥機自体のコードやホースの長さを事前に確認し購入する必要があるでしょう。

②敷布団

敷布団の場合は、ベッドに比べ運びやすいため、外やベランダで天日干しをされている方も多いかと思います。しかし、汗や湿気を吸った布団は重くなっているため、運ぶだけでも一苦労です。ですが、布団乾燥機があれば、そんな重労働をする必要がなくなります。敷布団の場合の布団乾燥機の使い方ですが、敷布団と掛け布団の間に布団乾燥機のノズルやマットを入れます。布団の場合は、天日干しできますが、ダニを死滅させるためには、50度以上の環境を20~30分間維持することが必要といわれています。天日干しだけではダニ対策が難しいため、布団乾燥機を使うことで、きちんとしたダニ対策を行うことができるでしょう。

③毛布

毛布の場合、素材によっては注意が必要もしくは、布団乾燥機を使用できないものもあります。注意が必要なのは、カシミヤ毛布の場合です。布団乾燥機を使用することはできますが、とてもデリケートな素材のため、長時間かけると痛んでしまう可能性があります。ウール毛布の場合は、毛布の重さ自体が軽いものが多いため、毛布の上に掛け布団をかける必要があります。毛布の重さがある場合は、毛布の上に軽めの掛け布団をかけて布団乾燥機を使用します。綿素材の毛布の場合も同じです。
毛布の場合は、布団乾燥機の使用に注意する必要があります。

④マットレス

今や、いろいろなマットレスが出ていますが、マットレスにも布団乾燥機を使うことができます。マットレスもベッドと同じくなかなか重くて動かせませんし、干すスペースがなかったりと、天日干しが難しいイメージがあります。マットレスの布団乾燥機の使い方としては、マットレスと掛け布団の間に、布団乾燥機のマットやノズルを差し込みます。
場合によっては、布団乾燥機を使用できないマットレスもありますので、使用OKかを確認して使用しましょう。

まとめ

布団乾燥機は、布団でもベッドでもどちらでも使用することができます。また、布団をふかふかに温かくできるだけでなく、ダニ対策としても効果があります。布団乾燥機を選ぶ際は、準備・片付けに手間をかけたくない場合、マットなしタイプを選び、コストを重視する場合は、マットありタイプを選ぶといいでしょう。
また、他にも、布団乾燥機がどこまでの布団のサイズに対応しているのかや、布団の素材の確認、乾燥までにかかる時間、その他の便利な機能なども確認しておくことが必要です。「布団乾燥機」という名称ですが、布団以外にも靴や衣類の乾燥、押し入れやクローゼットの湿気取りなどにも効果があるため、1台で様々な使い道があります。布団にも、その他の用途にも活躍する布団乾燥機。布団乾燥機があることで、家事や生活がより快適に便利になるでしょう。上手に使い、便利で快適な生活を送りましょう。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-207-1116 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)