お役立ちコラム

炊飯器の選び方!基本をおさえて我が家に合った炊飯器を選ぶ!

炊飯器 選び方 

炊飯器はどういったものをお使いですか?近年では、機能がたくさん搭載されている炊飯器が主流です。その他に注目したいポイントとして、加熱方式や内釜があります。
お米の銘柄によって、お米の美味しさが変わるということもありますが、製品の内容によっても、炊き具合が大きく変わります。炊飯器はほぼ毎日使うものであり、日本人としてお米の味に関しては譲れない部分があるかと思います。今お使いの炊飯器を見直してみて、その性能と特徴を吟味して選んでみることをおすすめします。それでは、炊飯器選びに必要なポイントを見ていきましょう。

家族の人数・容量から選ぶ


3合炊き 5合炊き 1升炊き 炊飯器 選び方

家族の人数からまず大きさを決めるという方も多いのではないでしょうか?
炊飯器の容量は、3合炊き・5.5合炊き・1升炊きの3パターンあります。だいぶ前に、8合炊きの炊飯器もありましたが、今ではあまり店頭でも見なくなりました。
1升炊きは10合分の量です。一人暮らしもしくはご夫婦二人だけの場合は、3合炊きか3.5合炊きの炊飯器がおすすめです。お米の消費量がごく平均的な場合、朝に3合を一回炊くと、朝・昼・夜の分を確保しやすいため、丁度いい容量となっています。また、3合炊きの場合だと、割と低コストで購入できるものが多いため、容量的にもコスト的にも満足できる製品が多いでしょう。
二人暮らしの場合でも、食べ盛りのお子さんがいたり、お米の消費量が多かったり、まとめて炊いて冷凍しておきたい場合には、もう少し大きめの炊飯器が向いているでしょう。

3人~5人のご家庭の場合、5.5合炊きの炊飯器がおすすめです。こちらの5.5合炊きが、炊飯器の中では一番数多く使用されています。5.5合炊き炊飯器の場合でも、その日の状況によって、3合だけ、2合だけ炊いたりすることもあるかと思います。3人以上の場合だと、3合炊きの炊飯器だと、足りない日も出てくるかと思います。ですので、3人以上からは、5.5合炊きがおすすめです。余っても、冷凍保存できるため、余裕のある容量を選ぶ方がいいでしょう。

6人以上で家族の人数が多い場合、5.5合炊きもしくは1升炊きの炊飯器がおすすめです。1升炊きというと、かなり大きな炊飯器のイメージがありますが、10合炊いたとしても、育ち盛りのお子さんや、男性が多いご家族の場合は、メニューにもよりますが、すぐになくなるでしょう。ですので、思い切って、少し大きめの1升炊きの炊飯器を購入されることをおすすめします。ですが、ご飯が残ってしまった場合は、保温しておくと電気代がかかるため、冷凍保存して、食べる際にレンジで温めると炊き立ての時の美味しいご飯のまま食べることができるでしょう。一日に何回も炊くと、それだけ電気代もかかってしまいますので、一日の消費するご飯の量を一度に炊ける炊飯器を購入した方がいいでしょう。
自分の家族構成や生活スタイルから、何合炊きがベストか考えて選ぶといいでしょう。

合数別に、お茶碗何杯分なのかを表にしました。普段食べる量を参考に炊飯器を選びましょう。必要な合数よりも多少多めの方が安心です。


ご飯重量 お茶碗杯数 1合 3合 5合

加熱方式から選ぶ


IH 圧力IH マイコン ガス火 炊飯器

IH炊飯器

IHといえば、システムキッチンに導入されている加熱方式ですよね。IH炊飯器の場合、この方式が炊飯器にも導入されています。しくみとしては、キッチンに導入されているのと同じように、炊飯器の外釜と内釜が接する部分に、IHコイルが配置されており、通電すると、磁力線が発生するというしくみです。キッチンの場合は平らなので、鍋の底から加熱されますが、IH炊飯器の場合、底面だけでなく側面からも加熱されます。ですので、釜全体に熱を伝えることが可能です。炊飯は、高火力が必要ですので、全体に一気に加熱することができるため、お米を浸している水が激しく沸騰するため、美味しいご飯が炊きあがります。

圧力IH炊飯器

圧力IH炊飯器ですが、加熱する方法は、IH炊飯器とほぼ同じです。”圧力”となっているように、圧力鍋同様に、圧力機構が搭載されている炊飯器です。上部に圧力弁が取り付けられており、最大気圧になるまで蒸気を逃がさず、内釜内部の気圧を上げるしくみとなっています。このしくみにより、水の沸点である100℃以上の110℃程度まで上昇させることができます。ですので、他の加熱方式よりも高い温度で加熱することができます。
お米を炊く上で、高火力であればあるほど、美味しいお米が炊けるため、温度が高いのはとてもいいことです。

マイコン炊飯器

マイコン炊飯器のしくみは、内釜と外釜が接する下部に電気のヒーターが取り付けられています。そのヒーターが発熱することにより、内釜を温めるというしくみです。釜全体が発熱するIH炊飯器に比べると、熱の強さは弱いでしょう。また、近年では、マイコン炊飯器は、減少傾向にあります。

内釜の素材・構造から選ぶ


炊飯器 内釜

内釜の種類は数多くあります。それぞれの釜は、しくみや特徴が違います。メリット・デメリットをみていきましょう。

釜の構造から選ぶ

厚釜

「厚釜」は、名前の通り、内釜が厚めになっています。どのくらいの厚みがあれば「厚釜」に分類されるのかは特に決まっておらず、大体2.3㎜以上の厚みがあると、「厚釜」といわれています。厚みがあることで、熱を逃がさずに炊くことができるため、ふっくらとした仕上がりになります。また、蓄熱性が高いので、保温機能が優れているというメリットもあります。

多層釜

多層釜は、熱伝導性が高い素材を複数層重ねてある内釜です。大抵の多層釜は、7~9層程度に重ねてあります。機種によって違います。銅や金を素材に使用しているため、熱効率を上げやすくなっており、お米に素早く熱を加えることができます。企業側も低コストで作成できるため、多層釜が使われている炊飯器は価格がリーズナブルなものが多いでしょう。

真空釜

「真空釜」という名の通り、内釜に真空の層があります。構造は、真空層をもつ魔法ビンと同じです。熱効率が高いため、熱が逃げにくいという特徴があります。また、余分な水分が飛ばされるため、シャキッとふっくらした美味しいご飯になります。
メリットとしては、他の内釜に比べて軽量なので、釜を洗う際や移動する際に楽という点でしょう。

釜の素材から選ぶ


炭 銅 土鍋 鉄 

銅釜

釜の中でも、代表的なのは、外側全面が銅色に光輝く釜です。鉄やステンレスに比べると、熱伝導率がいいでしょう。多層釜にも銅がよく使用されています。

鉄釜

鉄釜は他の内釜と比べるとかなりの重さがあります。釜を洗うときは、一苦労することもあるでしょう。重さがデメリットではありますが、代わりに、お米の仕上がりはかまどで炊いたときのようにふっくら美味しく炊くことができるでしょう。

アルミ釜

アルミ釜は、マイコン炊飯器でよく使用されている内釜です。アルミ自体は低価格なため、価格が安い炊飯器がほとんどです。
低価格ではありますが、マイコン炊飯器の加熱方法を踏まえると、熱伝導率の高いアルミは相性がいいとされています。ですが、アルミ釜が使われている炊飯器は大抵古めのモデルのため、最新のものをお求めの方には不向きでしょう。

炭釜

炭素釜は、鉄釜と似た性質をもっています。炭は、熱伝導率が高く、遠赤外線効果が強い素材です。ですので、ムラのない加熱が実現します。発熱効率が高いため、お米を炊いた後は、内釜そのものが冷めにくくなっています。そのため、炊き立ての状態を長く維持することができます。また、お米自体も甘味が引き出されたご飯に仕上がります。
デメリットとしては、傷つきやすいことや割れやすいことがあります。釜を洗っていて移動した際に落としてしまったりすると、場合によっては割れてしまうこともあるでしょう。
しかし、内釜としての構造はとてもいいものとされています。

土鍋釜

「土鍋」といえば、美味しいご飯が炊けるということでも有名です。しかし、炊き方が難しかったり、洗うのが大変だったりと、なかなか毎日は土鍋を使って炊くことも少ないかと思います。
しかし、その土鍋の機能を用いた土鍋釜の炊飯器があります。本物の土鍋で炊いたようにお米を炊くことができます。土鍋釜の場合、何故、美味しいごはんが炊けるのでしょうか?
土鍋は、じっくりと中に火を通すことができる材質になっています。土鍋には、熱をよく蓄える力があり、遠赤効果も備わっています。お米が水を吸収するようにゆっくりとした速度で加熱するため、ふっくらとした美味しいご飯を炊くことができます。また、時間をかけて熱を伝るため、冷めにくいという特徴もあります。
土鍋は、ご飯を炊く上で一番適している釜ともいわれているだけあり、土鍋釜の炊飯器は他の釜よりも少々価格が高めです。価格が高くてもお米にこだわりたい方は土鍋釜を選ぶといいでしょう。

ダイヤモンド釜

ダイヤモンド釜は、内釜がダイヤモンドの微粒子でコーティングされている釜です。熱量を増やすことで、旨味のある美味しいご飯を炊くことができます。

製品の特長・機能性から選ぶ

炊き分け機能

炊飯器で炊くお米は、白米以外にも無洗米や玄米、雑穀米、胚芽米、炊き込みご飯の時もあるかと思います。
その場合は、お米の種類によっての炊き分け機能があると便利です。そのお米の特徴を生かし、一番美味しい状態で炊き上げることができます。中には、お米の銘柄を設定することができる炊飯器もあります。どんなお米の場合でも、スイッチ一つで美味しく炊き上げてくれるため、水の量を調節したり、浸し時間を考える必要がなくなります。
こちらのメニューは、メーカーやモデルによって選べるお米の種類が異なるため、自分に必要な機能を備えた炊飯器を選びましょう。
その他に、炊き分けではないですが、「調理コース機能」という機能が搭載されている炊飯器もあります。炊飯器は”お米”を炊くことをメインとした機器ですが、パン生地やケーキを焼く専用機能が搭載されている炊飯器もあります。そして、そういった炊飯器の取扱説明書と一緒に、レシピ本もついている場合が多いでしょう。
ホームベーカリーや、オーブンがなくても、炊飯器1台でお米もケーキもパンも焼けるとなると、キッチンのスペースが限られている場合にとても便利です。パンの場合、発酵から焼く工程までをしてくれるため、とても便利です。
こういった機能が搭載されていない炊飯器でも、ケーキやパンを作ることができますが、専用機能で作った方が、より美味しく仕上がるでしょう。

硬さを選べる機能

ご飯の炊きあがりの硬さは、料理の内容によっては硬さを変えることもあるかと思います。親子丼やチラシ寿司などを作る際は硬めにしたり、通常時は普通めで炊いたり、おにぎり用には柔らかめで炊くなど使い分けをしたり、家族の中でも好みが分かれる場合、ボタン一つで仕上がりを調整することができます。お米の硬さをこだわりたい方にとてもおすすめです。わざわざ水の量を自分で調節しなくても、好みの硬さにできるので、毎回確実にお好みのご飯に仕上げることができるでしょう。

蒸気レス

炊飯時に蒸気が発生しないように設定できる機能です。蒸気が出ないことで、子供が興味本位で、蒸気口に手を当ててしまい、火傷を起こすことを防ぐことができるでしょう。また炊飯時の臭いを軽減することができるため、妊婦さんや、リビングまで臭いを出したくない場合にも喜ばれる機能です。また、蒸気が出ないことで、内釜の熱を長時間溜めておくことができるため、お米本来の旨味をしっかりと閉じ込めてくれます。炊飯器を置く棚が耐熱式でない場合も、蒸気レス機能が便利なため、炊飯器の置き場所が広く確保できなくても安全でしょう。

まとめ

いかがでしたか?炊飯器は、これから先、長い間使用することになるかと思います。自宅で毎日のようにお米を炊く方であればなおさら、お米にこだわってみてもいいかもしれません。
炊飯器は、製品ごとに特徴が違います。各メーカー、製品の特長を比較し、自分に合ったものを選ぶことが、好みの美味しいご飯を炊くポイントになります。また、炊飯器だけでなく、お米の銘柄選びも大切です。ぜひ楽しんで見つけてみて下さいね!