お湯が出なくなりお困りの方へ

でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

温度が氷点下の時のような寒い日にお湯が出なくなった時は、水道管や給湯管が凍結していることが考えられます。

考えられる原因と対策

水道管や給湯管の凍結により、お湯が出なくなっている場合は、基本的には気温の上昇による自然解凍を待つことをおすすめしています。いくら待っても、お湯が出ない場合は、埋設部分や屋内配管も凍結していることが考えられます。日中の気温の上昇により、15時位には解凍するケースが多いです。


よくあるご質問

タンクのお湯が湯切れしてしまうことはありますか?

「おまかせ運転」にしていただくと、ご家庭の使用湯量に応じて、次の日の沸き上げ湯量を、マイコンが自動的に設定してくれます。通常よりお湯の使用量が多い場合は、昼間の沸き増し運転で湯切れを抑えることができます。

定期的なメンテナンスは必要ですか?

2~3ヶ月に一度は、逃し弁と漏電ブレーカーが動作するかの確認、タンク内の貯湯水の排水を行なうなど、簡単なお手入れは必要です。 


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)