テレビが映らなくなりお困りの方へ

でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

急にテレビの電源が付かなくて、困ったときはありませんか?

考えられる原因と対策

テレビが映らないときは、アンテナが原因の場合があります。アンテナマストの腐食や台風などの強風の影響で、アンテナが倒れていることや、アンテナの方向がずれてしまっている可能性があります。屋根の上にあるアンテナを、お客様自身でご確認されることは大変危険です。そのときは、ミカドプラスまでお問い合わせ下さい。

アンテナ修繕費

20,000円(税別)〜

よくあるご質問

テレビの映りが悪いときは、アンテナの影響ですか?

テレビの移りが悪いときには、テレビ本体か、アンテナかがどちらか不具合である場合が考えられます。アンテナ線を長く引っ張ったり、1本のアンテナ線を複数のテレビやビデオ機器につないでいると、受信した電波が弱まり、テレビ映りが悪くなります。テレビジャックの不良の場合、ジャックとTVをつなぐケーブルの断線、ブースターの故障など様々な要因が考えられます。また、電波障害物が家の中にないかを確認しましょう。 

アンテナが倒れてしまったらどうしたらいいの?

アンテナが倒れてしまう原因は、アナログ時代のアンテナは、ワイヤーの材質が悪く切れやすかったり、建物の歪みによるステーアンカーが抜けて倒れてしまう場合があります。アンテナが倒れたときに、お客様自身でアンテナを元に戻す行為は大変危険です。倒れたことに気付かれた際は、すぐにミカドプラスまでお問い合わせ下さい。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)