一般家庭用太陽光発電

誰もが一度は考える“我が家に太陽光システムを”
北陸での太陽光発電システムの導入は、“設置工事”にこだわりのあるミカド電設にお任せ下さい!



皆さんは、太陽光発電システムを導入するにあたって一番大事にしたいことは何ですか?

「安心できるメーカーにしたい!」
「初期費用を出来るだけおさえたい!」
「高い発電量が見込めるものにしたい!」
「保証がしっかりしているものにしたい!」

もちろん全部正解です!しかし、上記の事項以上に、ミカド電設が重要と考えている事柄があります。ズバリそれは“工事”です!“安全かつ正確な設置工事を行うこと”に一番力を注いでいます!
太陽光発電システムの導入で一番重要なことは“設置工事”であるとミカド電設は考えます。
太陽光パネルの設置場所はほとんどの場合は屋根の上です。したがって、太陽光パネルを設置するにはお客様の大事なお家の屋根を触らせて頂くこととなります。瓦を外したり、あるいは架台を設置・固定するためにはビスを打ち込むことさえあります。住宅・屋根・電気の正しい知識をきちんと持っていない業者に工事をまかせてしまえば、最悪の場合は大事なご自宅にトラブルが発生してしまう可能性もあります!
ミカド電設は、太陽光パネルの設置工事にあたり、5つのコダワリを持って工事を行っています。

ミカドのコダワリ

1.太陽光工事は架台が肝心!一番適した架台の選定、安心の設置工事を行います。

太陽光パネルを設置する上で、屋根に架台を設置・固定する必要があります。
この架台を設置する工事が、太陽光工事の工程の中で一番重要といっても過言ではありません!
なぜなら、架台を固定するためにご自宅の屋根を触らせて頂く必要があるからです。
屋根の形状は様々あり、それに合わせて架台の形状もいろんな種類があります。屋根の形状によっては屋根材の上にビスを打ったり、もしくは瓦に穴を開けることも、工法によってはあります。
しっかりとした防水対策を施しながら、慎重にかつ正確に工事を行う必要があります。
ミカド電設では、まずはお客様のご自宅の屋根にあった架台の選定からしっかり行います。お住まいの屋根形状・地域の積雪量などを考慮し、お客様のご希望を聞かせて頂きながら、“お客様のご自宅に一番合った架台”というものを一緒に考えていきます。



■主な架台工事の種類

【瓦屋根・支持瓦工法】

支持瓦とは、特定の位置の瓦を外し、その瓦と同じ形状の支持材と入れ替えて、その上に架台を組むという工事方法になります。瓦の優れた点で強度が非常に高いという点がありますが、この瓦の強度を利用することによって、屋根下地で架台を支えるのではなく、瓦で架台とパネルを支えるという、理にかなった発想から生まれた工法です。
この工法のいいところは、瓦を差し替える方法を取るため、屋根の状態を現状から出来るだけ変えずに済む点にあります。支持瓦の下の下地には補強材を入れるので、パネルの重量+積雪にも耐えられるようになっています。イメージ的にも屋根工事に対する不安が少なく済みます。強度も高く、一石二鳥の工事方法です!



①瓦をはがし、補強板を固定します。防水処理もしっかり行います!



②瓦の間に“支持瓦”を差し込みます!ピッタリです☆



③支持瓦の上に架台を組んでいきます。



④パネルを設置して完成!

【アンカー工法】

瓦を一度はがし、屋根の下地材にアンカーを固定し、その部分の瓦に穴をあけて被せ、アンカーの上に架台を組んでいく工法です。
穴を空けた瓦の防水処理はもちろん大事ですが、それと同じくらいに大事なのは下地に打ったビス部分の防水です。瓦というのはいわば二次防水といい、直接的な防水は屋根の下地材によるものです。これらの部分を丁寧にコーキング処理をし、雨などの水の浸入を防ぎます。
アンカーは下地にしっかり固定するため強度面では強く、大雪に対しても耐えられる強度を持っているので多雪地域ではアンカーをオススメすることがあります。



①瓦をはがし、アンカーを固定します。防水コーキングもしっかりと!



②アンカーの上に瓦を被せ、キャップを取り付けます。この上からさらにコーキングします。



③アンカーの上に架台を組んでいきます。



④パネルを設置して完成!!

【スレート鈑金金具工法】

スレート屋根に金具を設置し、その上に架台を組んでいく工法です。
金具を設置した部分の防水処理をしっかり行い、トラブルを防ぎます。



①架台を固定するための金具を取り付けます。もちろん、防水コーキングもきちんと行います。



②金具の上に架台を組んでいきます。



③太陽光パネルを設置して完成!

【陸屋根工法・野立て工法】

傾斜のない陸屋根にも太陽光を設置することが出来ます。
架台の設置位置にコンクリート基礎を作成し、その上に部材を取り付けて架台を組んでいきます。
野立ての場合も基本的に工事方法は同じです。ただ野立ての場合は屋根設置とは違い、高さが取れず建物の影になってしまうことがあるので、設置位置や方角などを考慮して設置します。



例①:日当たり良好のお庭に野立て太陽光パネルを設置



例②:ご自宅の畑の横のスペースに野立て太陽光パネルを設置。背の高い架台で高さを稼ぎ、満遍なく太陽光が当たります☆

2.東芝・シャープをはじめ、多くのメーカーIDを取得しています!

ミカド電設では、太陽光専門の工事スタッフがいます。今現在、多数のメーカーから太陽光パネルが販売されていますが、有名メーカーはほとんどの施工IDを取得していますので、お客様のご希望のメーカーのパネルの施工も可能です!

【主なメーカー】
・東芝
・シャープ
・パナソニック
・三菱
Etc・・・

最近では世界No.1の発電効率を誇る東芝製の太陽光パネルが人気です!
お客様のご予算・こだわりに合ったメーカーのパネルを正確な工事で設置致します。



☆☆☆ミカド電設のスタッフ紹介はコチラ☆☆☆

3.施工件数は年間100棟以上!長年の施工で培われた安全・正確な工事が自慢!

おかげ様でミカド電設は太陽光パネルの設置工事は年間100棟以上!多くのお客様に当社を選んで頂けた結果となりました。
これはやはり、工事面での安心感から選んで頂くことが多いと感じております。10年以上にもわたる施工経験で培われた安全・正確な工事により、これまで工事によるトラブルは1件もありませんでした!
これからもさらに施工経験を積み、より正確な施工技術を磨いていっています。



太陽光工事専門のスタッフによる正確な工事が自慢です!これまでで施工に関するトラブルは1件もありません!早くから太陽光工事に取り組んでいたので、どこよりも経験を積んでいます!

4.屋根雪の事故対策!落雪防止部材”ゆきもちくん”がおすすめ!

北陸といえば“雪”。太陽光パネルを設置する上でも気になるポイントです。
発電量においても雪は気になるところですが、もうひとつ気になるのがパネルからの“落雪”です!
外で作業しているときや、駐車スペースの車への落雪の被害は避けたいものです。
ここでオススメしたいのが落雪防止部材の“ゆきもちくん”です!
ゆきもちくんと聞くと一見かわいらしい名称に思えますが、これがとっても頼りになる部材なのです!
このゆきもちくんを太陽光パネルを設置した屋根の軒先に設置すると、パネルからすべり落ちてきた雪をこのゆきもちくんがせき止めてくれます!ゆきもちくんで止められた雪は、雪がかからなかったパネルが発電したときの熱で少しずつ溶けていき、水になって流れていきます。落雪の危険から私達を守ってくれる頼もしい部材です!
このゆきもちくんは様々な形状がありますので、ご自宅の屋根に合ったゆきもちくんの設置をご提案致します!



ゆきもちくん設置の様子。落雪防止てくれるパワフルな部材です!



ゆきもちくんはパネルを設置してしばらくたってからでも設置可能です!



ゆきもちくんを設置した屋根の、雪が降ったときの様子。設置箇所のみ落雪がありません! 北陸の太陽光パネル工事の際にはぜひ導入を検討したい部材です。



石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域


ビデオチャットアプリを使った現地調査